子供, 学習, 教育, 発達障がい | 言葉と人生

教育

発達障がいの子達への学習サポート 文字を読むことが苦手編

まずは理解してあげる事が大事

教科書が上手に読めず、読み間違いが多かったり、

文章は読めるのに意味が理解できないケースなどがあります。

まず、文字に興味をもたせたり、

その意味を理解させてあげることから始めましょう。

読むことが苦手な子のパターン

  • 似ている字を取り間違えて読む
  • 読み飛ばしが多い
  • 音読でスラスラ読めずに引っかかる
  • 漢字が正しく読めない

なぜそのようになるのか

脳の情報処理の不具合が読めなくされている

文字を読み取るのに必要な機能↓

  • 1行分の文字をしっかり目で追い続ける
  • 視覚でとらえた文字を音に変換する
  • 文字の形を判別する
  • 文章を適度なまとまりでとらえ、その意味を理解する
  • 意味をとらえながら文節に区切って読む

↑どれか一つの機能に支障があればつまづいてしまいます。

その場での対処方

  • 単語や文のまとまりをわかりやすくしてあげる
  • 読んでいる行をわかりやすくしてあげる
  • 音読の負担を重くしない

先生ができること

  • 文字や言葉への関心を高めてあげる
  • 言葉探しゲーム
  • 物や人の名前カードの作成

保護者ができること

音読の練習に根気強くつきあう

まとめ

読みが苦手といっても、それぞれつまずきは様々です。

情報処理能力によるものなのでまずは理解してあげる事が大事です。

読む事への負担を減らし、まずは音読を嫌いにさせない事、

決して叱らない事が重要です。

興味をもたせてあげ、本人のペースで一緒に根気強く付き合ってあげて下さい☺

-教育
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

発達障がいがある子供たちとは

こんな子クラスにいませんか? 落ち着きがない(ADHD)文字を読むのが苦手(LD)状況に応じた行動がとれない(高機能自閉症、アスペルガー症候群) 通常学級全体の6.5%はいるそうです ADHDとは 注 …

発達障がいの子達への学習サポート教室を飛び出してしまう編

まずは理解してあげる 授業中じっとしていられないだけでなく、教室を飛び出してしまう子供もいます。静止するよりも、一定のルールのもとで許可するほうが効果的な場合もあります。 課題が終わると出ていく気にな …

発達障がいの子達への学習サポート 算数が苦手編

まずは理解してあげる 数や量の概念がつかみにくい子供達がいます。 計算が苦手、位がわからず困難、文章問題の理解が困難、 解き方がわからないなどのケースがあります。 空間の概念や図形もそのうちのひとつで …

発達障がいの子達へのサポート質問にうまく答えられない編

まずは理解してあげる 質問の意味がわからない、答えようとすることを うまく頭の中で整理できないなど いくつかの理由が考えられます。 聞く力と話す力を身につけさせてあげましょう。 質問に答えられないパタ …

発達障がいの子達への学習サポート 字がうまく書けない編

まずは理解してあげる事が大事 ひらがなやカタカナ、漢字がうまく書けない、 マス、行などうまく収めれないなど様々なケースがあります。 書き順、文字の造りを正しく理解させてあげる事が大切です。 字が書くこ …

Translate »