言葉と人生 Agatha Christie | 言葉と人生

偉人の名言

言葉と人生 Agatha Christie

Agatha Christie

Agatha Christie


アガサ・クリスティ(1890年~1976年)

イギリスの推理作家。代表作は『オリエント急行の殺人』『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』など。ミステリーの女王と称される。

1890年9月15日、イギリス南西部のデヴォン州トーキーの裕福な中産階級の家庭に生まれる。アガサは3人姉弟の末っ子で、10歳近く年の離れた姉と兄がいた。

アガサは兄姉のように正規の学校で学ぶことを母に禁じられ、母から教育を受ける。

少し変わった価値観を持つ母は「7歳になるまでは字が書けない方が良い」と信じ、幼少時代のアガサに字を教えなかったため、識字は普通の子どもより遅かった。

学校に行かず同年代の友人がいないアガサは、父の様々な書籍から幅広い知識を得る。10歳のときには最初の詩を書いている。

アガサが11歳のときに父が病死。その後、一家の経済状況は不安定になる。

19歳のときにアガサは初の長編小説『砂漠の雪』を書き、隣家に住んでいた作家イーデン・フィルポッツの指導も受ける。

1914年、24歳のときにアガサはイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティ大尉と結婚。

同じ年に始まった第一次世界大戦中(1914~1918)、アガサは薬剤師の助手として勤務。毒薬の知識も得る。

アガサが29歳のときに娘が誕生。翌年、『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。

36歳のときに 『アクロイド殺し』を発表。アガサは一躍有名になる。同年に母が死去。また、アガサは謎の失踪事件を起こす。

38歳のアガサはアーチボルドと離婚。アーチボルドは愛人と再婚した。

1930年、中東に旅行したアガサは14歳年下の考古学者マックス・マローワンと出会い、再婚。

1976年1月12日、アガサ・クリスティは死去。85年の生涯を閉じる。

彼女が発表した推理小説の多くは世界的ベストセラーとなっている。また、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与された。

名言

The best time to plan a book is while you’re doing the dishes.

 
台所で皿洗いしているときが、本のプランをたてるのに最もよい時間です。

Time is the best killer.

 
時間は最も優秀な殺人者です。

Everybody said, “Follow your heart”. I did, it got broken.

 
みんなが「自分の心に従いなさい」と言ったわ。その通りにしたら、心が折れたの。

Never tell all you know – not even to the person you know best.

 
知っていることをすべて話してはいけない - 最もよく知る人物でさえも。

Where large sums of money are concerned, it is advisable to trust nobody.

 
多額の金が絡んでいるところでは、誰も信用しないことです。

If you place your head in a lion’s mouth, then you cannot complain one day if he happens to bite it off.

 
もしライオンの口の中にあなたの頭を入れてしまったら、ある日ふとライオンがあなたの頭を食いちぎったとしても文句を言えません。

It is really a hard life. Men will not be nice to you if you are not good-looking, and women will not be nice to you if you are.

 
本当につらい人生よ。美しくなければ男性は冷たいし、美人なら女性が冷たいわ。

An archaeologist is the best husband any woman can have; the older she gets, the more interested he is in her.

 
どんな女性にとっても最良の夫というのは、考古学者に決まっています。妻が年をとればとるほど、夫が興味をもってくれるでしょうから。

If one sticks too rigidly to one’s principles, one would hardly see anybody.

 
自分の主義にあまりにも強く固執するならば、誰かを理解するのは難しいでしょう。

The truth, however ugly in itself, is always curious and beautiful to seekers after it.

 
真実は、それ自体は醜いが、それを探し求める人にとっては常に好奇心をそそり、美しいものです。

I don’t think necessity is the mother of invention – invention, in my opinion, arises directly from idleness, possibly also from laziness. To save oneself trouble.

 
私は「必要は発明の母」だとは思わない。思うに、発明とは「怠惰」から生まれるものである。面倒くさいことを避けるために。

One doesn’t recognize the really important moments in one’s life until it’s too late.

 
人生で本当に重要な瞬間は、手遅れになるまでわからない。

They were good days, Yes, they have been good days…

 
それは良き日々だった。それは良き日々として、今もある。

One of the luckiest things that can happen to you in life is, I think, to have a happy childhood.

 
幸せな子供時代を送った人は、もっとも幸運な人だといえます。

But surely for everything you have to love you have to pay some price.

 
だが、確かなことは、あなたが愛せずにはいられないすべてものに対して、あなたは何らかの代償を払わねばならない。

If the fact will not fit the theory – let the theory go.

 
もし事実が理論と合わないとしたら、捨てるのは理論の方ね。

One can never go back, that one should not ever try to go back – that the essence of life is going forward. Life is really a One Way Street.

 
人生は決して後戻りできません。進めるのは前だけです。人生は一方通行なのですよ。

Most successes are unhappy. That’s why they are successes – they have to reassure themselves about themselves by achieving something that the world will notice.

 
ほとんどの成功者は不幸であり、だから彼らは成功者なのです。彼らは世界が認める何かを成し遂げることによって、自分自身を安心させなければなりません。

Any woman can fool a man if she wants to and if he’s in love with her.

 
どんな女も男を欺くことができる。もし彼女がそれを望み、彼が彼女に恋しているなら。

I like living. I have sometimes been wildly, despairingly, acutely miserable, racked with sorrow, but through it all I still know quite certainly that just to be alive is a grand thing.

 
私は生きていることが好きだ。時々狂わんばかりに、絶望的に、胸が痛いほど惨めになり、悲しみに身もだえするけれども、その間も生きていること自体は素晴らしい、とはっきりと自覚している。

One of the saddest things in life, is the things one remembers.

 
人生で最も悲しいことの一つは、人は覚えているということです。

Good advice is always certain to be ignored, but that’s no reason not to give it.

 
良いアドバイスというのは常に無視されるものです。しかし、それは良いアドバイスを与えない理由にはなりません。

Curious things, habits. People themselves never knew they had them.

 
癖とは不思議なものだ。人々は自分自身の癖に気づいていないのだから。

Everything that has existed, lingers in the Eternity.

 
存在していたものすべては、永遠に生き続ける。

Instinct is a marvelous thing. It can neither be explained nor ignored.

 
本能とは驚くべきものです。それは説明することも無視することもできないのです。

Never do anything yourself that others can do for you.

 
他人があなたのためにできることは、決して自分でしないこと。

Very few of us are what we seem.

 
見た目通りの人はめずらしい。

The tragedy of life is that people do not change.

 
人生の悲劇は、人は変わらないということです。

-偉人の名言
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 勝新太郎

勝新太郎 勝新太郎 勝 新太郎(かつ しんたろう、1931年11月29日 – 1997年6月21日)は、日本の俳優・歌手・脚本家・ 映画監督・映画プロデューサー・三味線師範。 名言 俺をど …

言葉と人生 山田孝之

山田孝之 山田孝之 山田 孝之は、日本の俳優。鹿児島県出身。スターダストプロモーション所属。 生年月日: 1983年10月20日 名言 一方的な正義とか悪というものは存在しないと思ってる 違和感のある …

言葉と人生 小日向文世

小日向文世 小日向さん 名言 42歳、貯金なし。でも、仕事に夢中になれたから毎日が楽しかった 僕の場合は、好きなことだけをやってきたんですよ。もともと役者になろうと思ったのも、好きなことだったからなん …

「一心同体で働く環境があればそれでいいんだ」シャビ・エルナンデス

シャビことシャビエル・エルナンデス・クレウスは、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県タラサ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。元スペイン代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー。父親はセミプロ …

言葉と人生 マザー・テレサ

Mother Teresa マザー・テレサ(1910年~1997年) 現在のマケドニアのスコピエ出身。神の愛の宣教者会の創立者。カトリック教会の聖人。 1946年、汽車に乗車中に「すべてを捨て、最も貧 …

Translate »