「人生が夢を作るんじゃない。夢が人生をつくるんだ」大谷翔平 | 言葉と人生

偉人の名言

「人生が夢を作るんじゃない。夢が人生をつくるんだ」大谷翔平

名言

好きなことに関して頑張れる才能はあると思いますね。それが僕は野球でしたし、たまたま生まれてすぐというか、ある程度早い段階で好きになったことがすごくラッキーだなと思っているので。今でもそうなんですよ、常に寝室にバットとかボールを置いてあって、ふと何かこういうのがいいんじゃないかと思った時に鏡の前に行って試してみたりとか。好きになってそれ(野球)を頑張れる能力があったかなと思っています

他に才能は特には感じていないです。感じていないというか、そこ(好きなことに関して頑張れる才能)はありますというのが、自分で自信を持って言える唯一のポイントかなと思うので。もう本当にそこだけでここまできたと思っています

今のところの僕の全盛期は小学校6年生、中学校1年生くらいのときだったので、できていたとしたらその頃かなぁ。あの時期の僕が一番、無双してましたからね

僕が一番練習しているとは思っていないですけれど、反復練習は本当に大事。練習って面白いんですよ。練習を通じて自分の長所や能力を『発見』することもそう。そういう『気づき』を得る瞬間があるのが練習の面白さ、醍醐味ですね

この技術が正しいのかどうなのかとか、調子の良い時期にどういうことを考えていたのか、悪い時はどういう技術をやろうとしていたのかというのを、なるべく一日一日書いていますね。

自分で今日やってできなかったことがあったりしたら、おそらくこうやったらうまくいくんじゃないかということを翌日の練習で試してみて、『ダメだった』『良かった』があるので、それをまた試合で試してみて、本当にその繰り返しというか、そういう毎日でしたね。シーズン中は特にそういうのが多いと思います

メンタルがいいときって、あまり疲れも分からなかったり、何をしても上手くいくので、それが逆に悪いところに気づけなかったりするので難しいなって思います。

メジャーは単純に“レベルが高い”。

僕がダメだったとしても、次の子どもが出てきてくれればいいんです。

栗山監督は僕がたいしたことない、まだ無名だった選手の時から僕の可能性を見てくれていました。だから、すごく信頼はありましたね。この人なら大丈夫。一緒にやりたいなっていう気持ちがどんどん出てきたって感じ

ピッチャーはゲームを作れる。バッターはゲームを決められる

やれるかやれないかではなくて自分次第。

人生が夢を作るんじゃない。夢が人生をつくるんだ。

成功するとか失敗するとか僕には関係ない。それをやってみる事の方が大事。

自分の評価は自分でしないっていう風に決めているので。

悔しい経験がないと、嬉しい経験もない。

無理だと思わないことが一番大事だと思います。無理だと思ったら終わりです。

言いたい人には言わせておけばいいし、自分がしっかりやっていればそれでいい

WBCに関しては、ずっと出たいなとは思っていたので、なかなかチャンスというかタイミングが合わなかったですけれど、今回はこうやって出させてもらって、すごくよい経験にはなりましたし、そういう意味で勝てたのが、目標にしていたところで勝てたのが、すごく自分としては特別でしたね。

どの球団に行っても勝ちたいというのは変わらないと思うので。それはこのメジャーリーグでの6年間、ことしを含めた6年間でも変わらないですし。そこはおそらく、この先もずっと変わらないのかなと思うので、チームは変わりますけれどね、そういう気持ちはずっと変わらないかなとは思います

どこに行ってもドジャースファンはいますし、そういう熱を持っているファンの方々だと思うので、まずは僕はまだプレーしたことがないので、そういうチームのまず一員として認めてもらえるように、まず結果を出さないといけないかなとは思いますね

自分が思い切りパフォーマンスを出せる感覚がないと、単純にうまくもなれないし、自分が納得しないので。ごまかしながら投げてたとしても、恐らくまあ、おもしろくないんだろうなというのはあるので。まだ時間もありますし(手術を)やってしまったほうが、もちろん後々、いいんだろうなという感じでしたね

ほかのやり方で、結果を残すすべを出していく、という方向、どういう方向になるのかいろいろあると思うんですけど、なるべく自分の最大のパフォーマンスをまずは長く10年、いちばんは10年を必ず続けることが目標でありますけど、それは誰ももちろんそれだけ長く2つやるのはいままでないので、どういうふうになっていくというのは、はっきりということではないですけど、もちろん全力を尽くすのは約束できます

環境に慣れることもそうですけど、まずはチームの一員になって優勝を目指して頑張りたいなと思いますし、その先にそのあとの9年があると思うので。漠然には描いてますけど、まずはいちばんはことしかなと思ってます。まずはポストシーズンに出ること、その先で勝っていくのが、その次かなと思います

んな人でありたい?どんな人でありたいかは、これまでとあんまり変わらないかなとは(笑)。普通に。おいしいもの食べて野球して、フフフ。たくさん寝てそれが1番かなとは思うので。そんなに環境が変わったりとか、変な話、もらうお金が多くなればなるほどやらなきゃいけない責任も、もちろん多くなるし、チームでの立ち位置も変わってくるので。そういう意味での責任は当然大きくなるとは思うので。ただ、あまり変える必要がないところは無理に変える必要はないと思うので。もちろん自然にいけるところは自然にいきたいなと思ってます

好きなことに関して頑張れる才能はあると思いますね。それが僕は野球でしたし、たまたま生まれてすぐというか、ある程度早い段階で好きになったことがすごくラッキーだなと思っているので。今でもそうなんですよ、常に寝室にバットとかボールを置いてあって、ふと何かこういうのがいいんじゃないかと思った時に鏡の前に行って試してみたりとか。好きになってそれ(野球)を頑張れる能力があったかなと思っています

他に才能は特には感じていないです。感じていないというか、そこ(好きなことに関して頑張れる才能)はありますというのが、自分で自信を持って言える唯一のポイントかなと思うので。もう本当にそこだけでここまできたと思っています

僕が一番練習しているとは思っていないですけれど、反復練習は本当に大事。練習って面白いんですよ。練習を通じて自分の長所や能力を『発見』することもそう。そういう『気づき』を得る瞬間があるのが練習の面白さ、醍醐味(だいごみ)ですね

部活の中で『目標達成シート』を作る時間が与えられて、個人差はあるので、何日かかってもいいんですけど、『やろうね』という時間があるんです。まず1年生の時から始めていって、3年生になる頃にはもう慣れているので自分の立てたい目標だったりをすぐ書けるようにはなるんです。全然僕が特別だったわけでもなくてみんなできていましたし、僕ができるようになったというよりもそういうふうに教えていただいたというほうが適切な表現かなと思います。例えば、こういう目標ができるようになりたい、と自分が書いていたとしたら、監督から、『そこに期限がないよね。これをいつまでにできるようになりたいの?』というアドバイスをもらったり。そうしたら次には自分でそれを考えるようになるので、そういう感じでどんどんどんどん(目標達成シートを作るのが)うまくなっていったのかなと思いますね。

今はもう(目標達成シートを)書いたりはしないですけどね。でもやっぱり頭の中では考えていますよ。このぐらいの時に何をできるようになりたいとか。それはリハビリでも同じで、いつまでにこのぐらいの可動域に持っていきたいとか。それはみんな考えているとは思うんですけれど、それを書き出しているというだけで。書くことによって視覚化して、次につながりやすくするという、そういう作業かなと思います。今はどちらかというと、例えばこの技術が正しいのかどうなのかとか、調子の良い時期にどういうことを考えていたのか、悪い時はどういう技術をやろうとしていたのかというのを、なるべく一日一日書いていますね。自分で今日やってできなかったことがあったりしたら、おそらくこうやったらうまくいくんじゃないかということを翌日の練習で試してみて、『ダメだった』『良かった』があるので、それをまた試合で試してみて、本当にその繰り返しというか、そういう毎日でしたね。シーズン中は特にそういうのが多いと思います

今のささやかな幸せか……何でしょうね。ささやかな幸せを感じるまでもなく、今は日々に満足していますね。今日もしっかり練習できたし、これから帰ってごはんも食べられるし……今の時期は何を食べたいという段階じゃないんです。シーズンが始まったらカロリーを気にしながら好きなものを食べるんですけど、今はヘルシーバランスを優先して何を食べるのかを決めていますから、食べられるという平穏な一日に満足しているんです。夜になったら寝心地のいいベッドがあってそこで寝られるし、明日が来ればまた練習できるし……そういう、何の不安もなく暮らせる感じというものに満足しているんですよね。それがささやかではない幸せなんだと思います

メンタルがいいときって、あまり疲れも分からなかったり、何をしても上手くいくので、それが逆に悪いところに気づけなかったりするので難しいなって思います。 でも、普通は先発ピッチャーだったらモヤモヤしていると一週間後も抱えたまま迎えなきゃいけないんだと思いますけど、僕は調子が悪くても2日後に打席に立ってるので落ち込んでる暇が無いんです。その中で合わせていくという感じです。

結婚とか子どももちろん含めて、平穏に暮らしたいなって。心が平穏なのが何よりもいいことかなと思うので、私生活はそういうふうでありたいと思っています

-偉人の名言
-

関連記事

常に進化していけたらいいな 小松菜奈

https://sayariyo.work/ 小松 菜奈は、日本の女優、ファッションモデル。 山梨県出身。スターダストプロモーション所属。 生年月日: 1996年2月16日 名言 現場ごとに勉強になる …

言葉と人生 スティーブ・ジョブズ

Steve Jobs Steve Jobs スティーブ・ジョブズ(1955年~2011年) 米国の実業家、アップル社の創業者。 1955年2月24日、シリア人政治学者の父と米国人大学院生ジョアンとの間 …

「全部自分で考えて、失敗成功も自分次第」HIKAKIN

https://sayariyo.work HIKAKINは、日本の男性YouTuber、ヒューマンビートボクサーである。UUUMファウンダー、最高顧問。 生年月日: 1989年4月21日 名言 Yo …

「大切なのは、自分の目標をブレさせないこと」中村俊輔

中村 俊輔は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のプロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J1リーグ・横浜FC所属。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上 …

言葉と人生 木村拓哉

キムタク キムタク 木村 拓哉は、日本のマルチタレントで、男性アイドルグループSMAPの全活動期のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工 …

Translate:

Translate »