スピーチ, 孫正義, 経営者 | 言葉と人生

スピーチ 偉人の名言

「お前達ナンバーワンになりたくないのか?」孫正義

感想

いつも孫さんのお言葉は、甘んじてる自分に喝をいれてくれます。

この人の野心の影響は計り知れませんね。

且つ、論理的。

自分の得意分野を磨く事、志、勝ち癖負け癖、成功体験。

そして腹を括る事を説いてくれてます。まさに坂本龍馬の生まれ変わりです☺

妥協して生きてしまっている人には

是非目を通して頂きたいです。

勝てる闘いしかしない

僕がここで言っているのは

「ナンバーワン戦略」

圧倒的ナンバーワンになる事

圧倒的ナンバーワンでないと

そのビジネスモデルっていうのは

大抵時間の問題でもう利益が出なくなります

プラットフォームをつくるというのは

圧倒的ナンバーワンになって初めて

プラットフォームをつくれる

業界標準をつくる

デファクトスタンダードをつくる

圧倒的ナンバーワンになって初めて意味をなす

MicrosoftのWindowsだ

インテルのCPUだ

Googleだ Amazonだyahoo!だ

それぞれ圧倒的ナンバーワンになってはじめて

その本質的な存在意義を長く享受できる

このナンバーワン戦略というのは

孫子の兵法の中にも、ランチェスターの中にも

共通して出てくる

「勝てる戦いしかしない」

闘ったら絶対に勝つ 勝てる戦いしかしない

しかもやったら

その分野で、圧倒的ナンバーワンになれるという自信のある分野しか、そもそも手をつけない

手をつけたら

時間の早い遅いがあるとしても

圧倒的ナンバーワンになるという

戦略が見えたその分野だけ手をつける

道筋が見えて初めてそこに手をつける

やる以上は圧倒的ナンバーワンになる

そして

プラットフォームをとる

デファクトスタンダードを作る

特に情報産業において

圧倒的ナンバーワンじゃないと

そのポジションが非常に危うい

ナンバーワンにこだわる

勝ち癖

ソフトバンクがボーダフォンジャパンを

買収しました

ボーダフォンジャパンは

一番を経験してない ずっと負け癖がついていた

買収して乗り込んでいって

当時の幹部連中とその話をして

こらあかんと。

目が死んどる、自信を持ってない、

負け癖がついとると思った

どうやれば勝てるか、何をすれば勝てるか

何をすればいいか聞いても

ほとんど何も言わない。

負け癖がついてどうせダメだ

諦めムードになっていた。

僕は言いました

見とれ。1回は必ず純増ナンバーワンをとるぞ」と

累積ナンバーワンは時間がかかるけど 1ヶ月でもいいから。

1ヶ月勝負でいいからナンバーワンをとったら

「なんだ一番になれるじゃないか」

一番になれる事を体験したら勝ち癖がつくんですね。

この1番にこだわる

1回我々が純増ナンバーワンを取った。

ほとんどそれからは純増を続けてるでしょ

ほんの何カ月か例外があったけど

それ以外は一番を取っている。

そのポジションがホームポジションになると

一番でないと気がすまない 気持ちが悪い

そういうふうになってくる

僕は言っちゃわるいけど

小学校1年くらいから

1番しか経験していない

大抵何をやっても一番しか経験していない

1番でないと気持ちが悪い

一番になれるように頑張る自分を追い込む 腹を括る へこたれない

という事ですね。

やると決めたらその分野でナンバーワンになる

何でもかんでもやると決めたわけじゃないよ。

音楽でナンバーワンになるなんて決めたことない

ちょっと音痴だからね

バレーボールでナンバーワンになるなんて思ったことない

背が低いし

でも

自分がやれる

やれるはずだと思える分野では絶対に一番になると決めて
とことんやり抜く

  • 勝ち癖をつける
  • 勝ちにこだわる
  • 一番にこだわる
  • 圧倒的ナンバーワンにこだわる

これは社風として大切です。

先ほど「闘う」という一文字があったね

事を成すというのに2番3番でうろちょろしてて

まして4番5番でうろちょろしててなんて

世の中はそんなに甘くない

大きなことを成す

志を高くもって高く保って

やり遂げていく

そういう気概が起きなくなると

負け癖がついていると

どうせ。。ナンバー2.3だし。。。

そういう奴ほど事を成せない
高い志を持ちえない
ただついていく

ということです。

皆さんがリーダーになったとき

間違っても2番に甘んじる

2番でよしとする

よく頑張った2番になった

絶対に口にしてはいけない

2番は敗北だと思え

5位から2位になってちょっと自分の頭を撫でる

バカを言え。

その時点で失格。

5位から2位になったら

「もうちょっとだ 行くぞ 一番になってやる」

そういう腹を据えて

根性をもって

「2番はまだ終わってない。途中だ。」

という事でやり抜く。

そういう社風を作らないと300年は生き残れない

皆さんの部下に対して

深い愛情があるなら

我々のお客さんに対して

強い責任感があるなら

一番にならなきゃいけない。

一番になればそこからゆとりが生まれて

お客さんに対してより優しくなれる

新しい技術開発により

チャレンジができる

より責任を持った事業ができる

本当の責任を持ちたいと
高い志を持ちたいというならば
2番に甘んじてはいけない
それは焦っているだけのしょぼい存在だ

https://sayariyo.work/

-スピーチ, 偉人の名言
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「この歳になってもまだ楽しくて仕方がない」ジャック・ニコルソン

ジャック・ニコルソンは、アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、映画監督。ジャック・ニコルスンと表記される事もある。 デビューから今日に至るまで計12回のアカデミー賞ノミネート経験と3回の受賞歴を持つ。 …

言葉と人生 Abraham Lincoln

Abraham Lincoln Abraham Lincoln エイブラハム・リンカーン(1809年~1865年) 米国の第16代大統領。奴隷制に反対し、国内を二分する南北戦争にいたるも勝利。南軍降伏 …

その先に続きがある

又吉直樹 スピーチ 伝説のスピーチ 近畿大学卒業生のみなさま、本日はご卒業おめでとうございます。 近畿大学(卒業式)のゲストスピーカーは恒例になってますから、 みなさん「誰が来るんだろう……」 といろ …

言葉と人生 大杉漣

大杉漣 大杉漣 大杉 漣は、日本の俳優、タレント。本名は大杉 孝。徳島県小松島市出身。明治大学中退。身長178cm、体重72kg。血液型はB型。ザッコ所属。長男は写真家の大杉隼平。異名は「300の顔を …

「行動しないと熱は伝えられない」田村淳

https://sayariyo.work 田村 淳は、日本のお笑いタレント、司会者、作家、ラジオパーソナリティ、YouTuber、会社経営者。ロンドンブーツ1号2号のボケ担当だが、近年はツッコミも担 …

Translate »