留学する学生さん達へ | 言葉と人生

スピーチ

留学する学生さん達へ

孫正義 スピーチ

留学する学生さん達へ

皆さん自分のね戸籍っていうものを、戸籍の住所っていうものを、そこに生まれた由来みたいなものを、気に留めたことはありますしょうか? 

僕は馬鹿なことに、若い時に自分の戸籍の住所というものを、その意味をよくわかっていませんでした。

大人になって20歳を過ぎてからですね。

戸籍というものを区役所に取りに行く時に、その住所をふと見て、なんで無番地って書いてあるんだろうって思ったんですね。

僕は佐賀県鳥栖市五軒道路無番地って、書いてあったんです。

普通番地っていうと23番地とか、いろいろ書いてあるんですけど、

そこを漢字で「無」って書いたあったんですよ。「無し」という字ですね。

その後でふっといろいろと考えて、

なるほどそういうことかって思ったのは、

佐賀県の鳥栖市の五軒、一軒、二軒、三軒、道の広さ、

道の道路の広さを表しているんですけども、

そのところの無番地というところで、私は生まれたと生まれ育ったと。

ということがその1行の戸籍の住所に、物語られていたということなんです。

日本に私のおじいさんおばあさんが、どういう形で移民してきたのかよくわかりませんでした。

何か聞くところによると、漁船の底の裏に潜り込んで、日本に来たということのようです。

嵐の中で沈没しそうな中で、やっと辿り着いた日本。当然住むところがないです。

ですから一緒に船で、漁船の底に潜り込んで入ってきた、何人かの家族が住み着いたところというのが、今でいうJR国鉄ですね。

鳥栖市の駅のそこから200mくらい離れたところの、本来住所として存在しないところに、トタン屋根で無理くり住む。

雨風をしのぐ板を張ってそこに住んでいたと。

本来許されてない土地に許されいない形で、勝手に住み着いたということになります。

そこから地を這うようにしてですね、生きて何とか生き延びてきたというようなことなんですけども、区役所としては住所を与えなきゃいけないんだけど、正式に認めるわけにはいけない。

したがって番地のない駅の脇のですね、

本来国鉄が所有している所に、勝手に住み着いている人だけど、

戸籍謄本を作らなきゃいけないので、番地を与えるわけにはいけないから、「無」という形で番地のない住所に生まれ育った。

これが私の最初の戸籍であります。

そういう地を這うような生活の中から這い上がっておりますので、親父がしていた仕事もロクな仕事じゃないですね。

日銭を稼がなくてはいけないから、焼酎を作って売るとか、豚を育てて売るとか、空き地を耕して野菜を作るとか、そんな状況でした。

私の父と母がそれから結婚し私と兄弟が生まれたわけですが、

本当にそういうなけなしの状況で育って、

何とか人並みの一般の人並みの生活ができるようなレベルまで収入が立つようになって、

働き盛りの親父、僕が中学生の時に血を吐いて倒れました。病院に入院しました。

私は入院している親父がいて、中学過ぎた頃にですね、家庭は暗くなりましたよね。

働き盛りの親父が倒れて、お袋は毎日泣いているという状況で、兄は高校の一年生でしたけど高校を中退して、家計をを支えるようになりました。

そういう中で私は突然、アメリカに留学すると言い出したわけですね。

もちろん親戚のおばさん、おじさん、

「お前なんちゅうことを言うんだ」と、父が血を吐いて倒れ、母は毎日泣いて暮らして、兄は家族を支えるために高校を中退して頑張っている。

お前は贅沢にただ普通に学校に行っているという状況の中で、ましてや家族も家計も苦しいのに、一人で楽しそうにアメリカに留学とはどういうことだ? 

親戚のおじさんおばさんにこっぴどく言われました。

「お前は冷たいやっちゃな」

「何のために行くんだ」

「それはいろいろ夢がある」

「それはお前の個人の夢だろう?」

「家族を支えなきゃいけない今一番苦しい時に、何でそんな勝手な夢を持つんだ?」

僕はその時思ったのは実の兄貴にですね、兄ちゃんありがとうと、家族を支えてくれてありがとう、俺はアメリカに行ってくると。

兄貴は「そうか。なんでや?」と聞くわけですね。

僕は兄にその時言ったのは、兄貴悪いけど兄ちゃん悪いけど、今家族を支えてほしいと。

我が家のうちでは家族の近い未来の問題。

それを支えるのは俺は今は兄貴に頼りたい。

遠い将来の家族、遠い将来のもっと多くの苦しんでる人たちを支えるために、

俺はアメリカに行くということで行きました。

皆さん自分はここにいる人は、

ほんんど日本国籍、全員そうだろうと思いますが、僕は十数年前にね

やっと泣きたいほど望んで、日本国籍をいただいくことが出来ました。

今でも自分が何人かよくわかりません。

二十三代前は中国に先祖がいて、そして韓国に渡って、三代前から日本に名前は孫正義ですね。

韓国でも珍しい苗字なんですよ。

日本ではもちろんありえない苗字です。

ですから 日本で在日韓国人で、何十万人が心で苦しんでいる。

いろんな意味合いで
苦しんでいる人たちがいる。

僕も子供の時はふと自分で、自殺したいと思えたことがありました。

それは国籍問題で悩んだからです。

泣きたいほど望んで生まれながらにして自動的に得た国籍ではなくて、

泣きたいほどに何で自分だけは日本国籍じゃないんだ。

友達がクラスにいる中で、何で自分だけ変わった状況なんだろう。

恥ずかしい、隠したい、そういう状況の中で苦しんだわけですけれども、

それほど泣きたいほど望んで得た日本国籍。

でも多くの同じような境遇の子どもたち、

若い在日韓国人の人たちが悩んでいる。

僕は彼ら彼女らに、そんなことはないんだ。

本当は国籍なんちゅうのはただの紙切れだ。

本当はどんなバックグランドであれ、みんな同じ人間だ。みんな1つの人間として尊いんだ。

みんな同じ可能性、夢を実現できる可能性を持っているんだ。

誰々が優れていて、何々国籍だと劣っている。

そんなことはないんだということを、俺は絶対に証明してみせる。

自分の人生をかけて証明をしてみせる。

だからあえて「孫」という先祖代々の、当時は家族親戚みんな「やすもと」という日本名を名乗っていましたけども、

僕は留学して帰って来たら、先祖代々の「孫」という名前を名乗って、自分の国籍の過去も堂々とカミングアウトして、その上で立派に同じレベルの人間として仕事してみせる。

多くの人々に貢献してみせるんだ、いうことを心に誓って兄貴と俺は自分自身の幸せ、自分の家族を支えるということに加えて、もっと多くの苦しんでる若い子どもたちに、背中で夢を示したいということを言って、アメリカに発ちました。

ですから、アメリカに留学して毎日勉強の鬼になりました。勉強の虫じゃないですよ。

そんな生易しいものじゃない。

もう道を歩く時も風呂の中でも食事をする時でも、寝ている時の数時間以外は全て勉強すると。

もちろん英語で。アメリカでですね。

家族が泣いている中で同じ一つ違いの兄貴に、中退してもらってまで支えてもらって、血を吐いている親父に何とか喜んでもらいたい。

お袋にも喜んでもらいたい。

ということで発ったわけなんで、1日1日のアメリカでの生活というのは、遊びほうけてるというわけにはいかない。

本当に今の自分が恥ずかしくなるぐらい、その当時は1分1秒を惜しんで勉強してました。

多くの学問でアメリカで学んだこと、たくさんありますけども、でもそれ以上に学んだことはですね、そこではいろんな肌の人たち色の人たちが、みんな明るく夢にあふれ希望にあふれ、アメリカンドリームを掴もうとして、一生懸命に仕事をしていると。

そして世界で最も進んだ文明や社会システムを持っている。

僕はそのことに感動し、いつか日本に帰ったら、必ず世界に誇れるような企業を日本に作りたい。

そしていずれその会社がそれなりの規模になったら、世界中の人々に我々の貢献する仕事で、幸せを提供したい。そういうことを誓って勉強しました。

ですから今振り返ってみてですね、あの時もしあの16歳の僕が、アメリカに外の国を知らなかったら、それを体験したなかったらと思うとですね、今の僕の人生は全然違ったものになったしまう。

僕は結果的にはですね、父は無事体に健康を取り戻し、お袋も今は笑って過ごしたいますし、兄貴も幸せにしております。

あの時支えてくれた高校を中退して支えてくれた兄貴がいた。

そのお礼をですね何らかの形でしたい。

僕が皆さんに支えとなる支援という形でしようと思ってるのは、

皆さんの家族とか兄弟が高校を中退してだとか、会社を辞めてまで、あるいは何か特別なことをしての留学を支援する、

そういう境遇のときはそれでいいんですけども、先程大臣もアルバイトに明け暮れて、やっと1ヶ月留学出来たということですが、

皆さんが少しでも夢と希望にあふれ、多くの人々に貢献できる。

そういう道を提供できるのであれば、それが兄貴に対する恩返しであり、親父やお袋に対する恩返しだと

少しでもそういう形で恩返しがしたいと、少しでも皆さんがこの素晴らしい美しい本当に愛しき日本に、

皆さんがこれから大人になって高い志で、皆さんの後に続く多くの若者に、

そしてお年寄りに貢献できたら、そのことで僕が少しでも間接的に皆さんに応援できたら、

そういう思いで今回支援することにいたしました。

ぜひぜひこの機会を人生で、この今の皆さんの若い時というのは二度とやってきません。

1日1秒を大切にしていただいて、このきっかけをですね、大切にしていただきたい。

有意義なものにしていただきたい。

心からそう思います。頑張ってください。

-スピーチ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

stay hungry stay foolish

伝説のスピーチ 全文  世界でもっとも優秀な大学の卒業式に同席できて光栄です。 私は大学を卒業したことがありません。 実のところ、きょうが人生でもっとも大学卒業に近づいた日です。 本日は自分が生きてき …

その先に続きがある

又吉直樹 スピーチ 伝説のスピーチ 近畿大学卒業生のみなさま、本日はご卒業おめでとうございます。 近畿大学(卒業式)のゲストスピーカーは恒例になってますから、 みなさん「誰が来るんだろう……」 といろ …

孫正義 伝説のスピーチ 就活生に贈る言葉 みなさん、こんにちわ、孫です。 今日は、人生の限られた日数のなかで、同じ部屋で同じ空気を吸って、約2時間の時を共有します。 せっかく来ていただいたわけですから …

「お前達ナンバーワンになりたくないのか?」孫正義

感想 いつも孫さんのお言葉は、甘んじてる自分に喝をいれてくれます。 この人の野心の影響は計り知れませんね。 且つ、論理的。 自分の得意分野を磨く事、志、勝ち癖負け癖、成功体験。 そして腹を括る事を説い …

伝説のスピーチ2009 ラリー・ペイジ

ラリーペイジ 伝説のスピーチ 2009 2009年卒業生の皆さん!  まずは皆さん、立ってください!  ご家族やご友人に手を振って皆さんの声を聞かせてあげてください。 今日この場に呼んでいただき本当に …

Translate »