「この歳になってもまだ楽しくて仕方がない」ジャック・ニコルソン | 言葉と人生

偉人の名言

「この歳になってもまだ楽しくて仕方がない」ジャック・ニコルソン

ジャック・ニコルソンは、アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、映画監督。ジャック・ニコルスンと表記される事もある。 デビューから今日に至るまで計12回のアカデミー賞ノミネート経験と3回の受賞歴を持つ。 生年月日: 1937年4月22日

名言

同情や悲しみの中で窒息しながら死にてぇっていうのか。やだね。あんたも心の中じゃそんなこと望んじゃいねぇはずだ

俺は今までの人生で学んだ。95%の人間はいつも間違ってる

完成した映画を楽しんでくれた観客の反応……それが良ければ良いほど、わたしは役者として極上の喜びを感じるんだよ。

わたしは、いまだに「よくこの業界に生き残っているな」って自分自身驚いてしまうことがあるんだけどね。とにかく演じているときが楽しくて楽しくて、この歳になってもまだ楽しくて仕方がない。それはとてもすてきなことだよね。

モーガンとわたしは、お互いがワイルドだった1970年代から、とても意識していた役者だった。一緒に演じることも、2人で脚本を考察しながら、演じられたのは楽しかったよ。

アドリブはもちろん、脚本を考察することはとても大切で、セリフにはわたしのアイデアがたくさん詰まっているんだよ。

わたしは性格俳優だから、わたしが演じる役柄の85%は自分自身なんだ。そして残った15%が演技なんだ。それにはとにかく脚本を読み込んで、十分な準備をしてからリラックスをして、演じる瞬間はその役柄として生き抜くことだね。

一番大事なのは、恥じて死ぬようなことはしたくないね。平和に、できればいつまでも世界中から“愛すべきジャック”という存在のまま死を迎えたいね。

脚本をしっかりと読み込み、分析していくことが大切なんだ。文献を読んで勉強することももちろん必要だけど、これだけ長くやってると、何より大事なのは脚本だと分かってくる。特に、初めて読むときが最も重要で、そこから役を掘り下げ、膨らませていくんだ

その日暮らしで、瞬間、瞬間を生きていくのが私のスタイル。

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 Immanuel Kant

Immanuel Kant イマヌエル・カント(1724年~1804年) ドイツの哲学者。ドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。 1724年4月22日、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク …

誰に何を言われても自分を信じた「Board man gets paid」カワイ・レナード

カワイ・レナードは、アメリカ合衆国、カリフォルニア州リバーサイド出身のバスケットボール選手。NBAのロサンゼルス・クリッパーズに所属。ポジションはスモールフォワード。身長201cm、体重104kg。紙 …

言葉と人生 古田新太

古田新太 古田新太 古田 新太は、日本の俳優、声優、DJ。本名、古田 岳史。愛称は古ちん。 兵庫県神戸市西区出身。リコモーション所属。身長173cm、体重70kg。 芸名である「新太」は父の本名に由来 …

「誰かの為に強くなりたいなんて考えた事もなかった……!!」ニコ・ロビン

もし本当に少しだけ望みを言っていいのなら…私は生き゛たいっ!!!!私も一緒に海へ連れてって!!! 誰かの為に強くなりたいなんて考えた事もなかった……!! 私!!!ロビンです!!!大きくなったけど…私を …

言葉と人生 松本人志

松ちゃん 松本人志 松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 – )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダ …

Translate »