スピーチ, マイケルジョーダン ,micheljordan,kobebryant | 言葉と人生

偉人の名言

コービーブライアントよ永遠に

マイケルジョーダン 追悼スピーチ

I would say good morning, but it’s afternoon. 

もう午後ですが、おはようと言わせてください。

I’m grateful to Vanessa and the Bryant family for the opportunity to speak today.

私は今日、ここで話す機会を頂けた事を、バネッサとブライアン一家に感謝しています。

I’m grateful to be here to honor Gigi and celebrate the gifts that Kobe gave us all – what he accomplished as a basketball player, as a businessman, and a storyteller and as a father. 

ジジを称え、コービーが私たちに与えてくれた贈りもの-彼がバスケットプレーヤーとして、ビジネスマンとして、物語作家として、そして父親として成し得た業績-を祝えることに感謝します。

In the game of basketball, in life, as a parent – Kobe left nothing in the tank. He left it all on the floor.

バスケットの試合で、人生で、そして親として彼はやり残す事なく、全てフロアの上に残してくれました。

Maybe it surprised people that Kobe and I were very close friends. 

おそらく、コービーと私が親しい友人だという事を聞いて皆さんは驚くでしょう。

But we were very close friends. 

しかし、私たちは仲が良かったのです。

Kobe was my dear friend. 

コービーは私の親友でした。

He was like a little brother.

彼は弟のようでした。

 Everyone always wanted to talk about the comparisons between he and I. 

皆さんはいつも彼と私を比較したがっていました。

I just wanted to talk about Kobe.

私はただコービーについて話をしたいと思いました。

You know all of us have brothers and sisters, little brothers, little sisters, who for whatever reason always tend to get in your stuff, your closet, your shoes, everything. 

皆さんにも弟や妹がいるとおもいます。いつも洋服や靴、すべてを勝手に使おうとしてくるような。

It was a nuisance – if I can say that word – but that nuisance turned into love over a period of time. 

それはいうなればうっとおしいものでしたが、そのうっとおしさが時を経て愛情に変わったのです。

Just because the admiration that they have for you as big brothers or big sisters, the questions in wanting to know every little detail about life that they were about to embark on.

なぜなら、そのうっとおしい行為は弟や妹が兄や姉に抱く憧れや、兄や姉に対して弟や妹がこれから歩む人生に関する疑問からくるものだからです。

He used to call me, text me, 11:30, 2:30, 3 o’clock in the morning, talking about post-up moves, footwork, and sometimes, the triangle.

彼はよく11時半とか2時半、3時に電話やメールをしてきました。深夜のね。
それはポストプレーやフットワーク、トライアングルプレーに関してでした。

 At first, it was an aggravation. 

最初は、イライラしましたよ。

But then it turned into a certain passion. 

しかし、いつしか情熱に変わったのです。

This kid had passion like you would never know. 

コービーは皆さんの想像を絶するような情熱を持っていました。

It’s an amazing thing about passion. 

それはすごい情熱です。

If you love something, if you have a strong passion for something, you would go to the extreme to try to understand or try to get it. 

もし、皆さんが何か大好きなものがあれば、強い情熱を持ちますよね。そしてその事を理解しよう、手に入れようとものすごく努力すると思います。

Either ice cream, Cokes, hamburgers, whatever you have a love for. 

それがアイスクリームであれ、コーラ、ハンバーガーであれ皆さんが大好きだと思うものはなんでも。

If you have to walk, you would go get it. 

もし、歩く必要があれば歩くし。

If you have to beg someone, you would go get it.

もし懇願する必要があれば、そうするでしょう。

What Kobe Bryant was to me was the inspiration that someone truly cared about the way either I played the game or the way that he wanted to play the game. 

私にとってコービー・ブライアントは、私がどうプレーするかや、彼がどうプレーしたいかについて本当に考えてくれる、そして感化してくれる存在でした。

He wanted to be the best basketball player that he could be. And as I got to know him, I wanted to be the best big brother that I could be.

彼はできる限り最高のバスケットプレーヤーになりたがっていました。そして私は彼を知れば知るほど、彼にとって最高の兄になりたかったのです。

To do that, you have to put up with the aggravation, the late-night calls, or the dumb questions. 

そうするためには、夜遅い電話やくだらない質問に我慢しなければいけません。

I took great pride as I got to know Kobe Bryant that he was just trying to be a better person – a better basketball player. 

私は、コービーがより素晴らしい人物や、バスケットボールプレーヤーになろうと努力していた事を誇りに思います。

We talked about business, we talked about family, we talked about everything. And he was just trying to be a better person.

私たちは、ビジネスや家族、全てについて語りました。そして彼はただより良い人物になろうと努めていました。

Now, he’s got me and I’ll have to look at another crying meme for the next … 

そして、彼にはいつもまんまとやられるんですが、彼のせいでまた私は自分の泣き顔ミームを見るハメになってしまいました…。

I told my wife I wasn’t gonna do this cause I didn’t want to see that for the next three or four years. 

私は妻に3~4年は泣き顔ミームを見たくないからこんな事したくないって言ってたのですが。

That is what Kobe Bryant does to me. 

これがコービーのやり方なんですよ。

I’m pretty sure Vanessa and his friends all can say the same thing – he knows how to get to you in a way that affects you personally, even though he’s being a pain in the ass. 

バネッサとコービーの友人は共感してくれるはずです。彼は人に影響を与える方法を知っています。めっちゃうっとおしい時もあるんですけどね。

But you have a sense of love for him and the way that he can bring out the best in you. 

でも皆さんは彼からの愛を感じているだろうし、彼が皆さんにベストをつくしてくれていたと感じていると思います。

And he did that for me. 

そして彼は私にもそうしてくれました。

I remember maybe a couple months ago he sends me a text and he said, ‘I’m trying to teach my daughter some moves. 

あれは確か数ヶ月前、彼からメールが届いて、”娘にバスケットの動きを教えようと思うんだ。”とありました。

And I don’t know what I was thinking or what I was working on, but what were you thinking about when you were growing up trying to work on your moves?’ 

そして”自分が何を考えていたか、何に取り組んでいたか覚えてないんだけど、マイケルは成長していく中でプレーを練習していた時何を考えていた?”と書かれていました。

I said ‘What age?’ 

私は”何歳くらいの頃?”と聞きました。

He says ’12’. 

彼は”12歳”と答えました。

I said ’12, I was trying to play baseball.’ 

私は”12歳の頃は野球をしていたよ。”と答えました。

He sends me a text back saying ‘Laughing my ass off.’ 

彼は”クソ笑った”と返信してきました。

And this is at 2 o’clock in the morning.

その返信は朝の2時に送られてきたんですけどね。

But the thing about him was we could talk about anything that related to basketball but we could talk about anything that related to life. 

彼と私はバスケットボールや人生に関してなんでも話し合えました。

And we, as we grew up in life, rarely have friends that we can have conversations like that. 

そして、人生を生きていく中でこのような会話ができる関係を築くことができるのはまれなことです。

Well, it’s even rarer when you can grow up against adversaries and have conversations like that. 

それに、ライバルとそのような会話をするなんてもっとまれなことです。

I went and saw Phil Jackson in 1999, maybe 2000, I don’t know, when Phil was here in L.A. And I walk in and Kobe’s sitting there.

私はフィルジャクソン監督がLAにいる時に、1999年か2000年に、彼に会いにいきました。私がそこに行った時、コービーは座っていました。

And the first thing, Kobe said, ‘Did you bring your shoes?’

そして彼はいきなり、”バッシュは持ってきた?”と聞いてきたんです。

‘No, I wasn’t thinking about playing.’

私は”バスケットしようとは思ってなかったから持ってきてないよ。”と答えました。

But his attitude to compete and play against someone he felt like he could enhance and improve his game, that’s what I loved about the kid. 

しかし、彼の誰かと対戦したり競ったりする態度、強くなるためにバスケットのプレーを向上させようとする態度が、私は大好きでした。

I absolutely loved the kid. 

私は本当にコービーが大好きでした。

No matter where he saw me, it was a challenge. 

彼はどこであろうと私に挑んできました。

And I admired him because his passion, you rarely see someone who is looking and trying to improve each and every day, not just in sports, but as a parent, as a husband. 

私は彼の情熱に関心してるし、あんなにスポーツだけじゃなく、親として夫として、日々の一瞬一瞬を成長しようとする人間を見ることはめったにないです。

I am inspired by what he’s done, and what he’s shared with Vanessa, and what he’s shared with his kids.

私は彼が成し遂げたことや、バネッサや彼の子供達に分かち合っていたものに感化されています。

I have a daughter who’s 30 and I became a grandparent. 

私には30歳になる娘がいて、おじいちゃんという立場になりました。

And I have two twins. I have twins at 6. 

孫は双子で6歳なんです。

I can’t wait to get home to become a GirlDad and to hug them and to see the love and smiles that they bring to us as parents. 

私は家に帰って、彼らを抱きしめ、笑顔を見るのが好きでしょうがないです。

He taught me that just by looking at this tonight, looking at how he responded and reacted with the people he actually loved. These are the things that we will continue to learn from Kobe Bryant.

『今夜この会場を見て、彼が愛する人たちにどう接してきたかを見てきて、彼は私に大切な事を教えてくれました。それが私たちがコービーから学び続けるべきことだと思います。

To Vanessa, Natalia, Bianka, Capri, my wife and I will keep you close in our hearts and our prayers. 

バネッサ、ナタリア、ビアンカ、カプリ、妻と私はいつまでも心から祈り、君に寄り添います。

We will always be here for you. Always.

私たちはいつも君のそばにいます。いつまでも。

 I also want to offer our condolences and support to all the families affected by this enormous tragedy.

そして、この悲劇によって悲しんでいる全ての人々にお悔やみを申し上げます。

Kobe gave every last ounce of himself to whatever he was doing, After basketball, he showed a creative side to himself that I didn’t think any of us knew he had.

コービーは最後の最後まで、取り組むこと全てに全力で取り組んでいて、バスケットを引退してからも私たちが知らなかった創造性を見せてくれました。

In retirement, he seemed so happy. 

引退の時に彼は幸せそうでした。

He found new passions. 

彼は新しい情熱を見つけていたのです。

And he continued to give back, as a coach, in his community. 

そして、彼はコミュニティのためにコーチとして、貢献し続けようとしていました。

More importantly, he was an amazing dad, amazing husband, who dedicated himself to his family and who loved his daughters with all his heart. 

『それよりもまず、彼は素晴らしい父であり、夫であり家族に献身的で、心から娘たちを愛していた。』

Kobe never left anything on the court.

コービーはコートに忘れ物はしませんでした。

 And I think that’s what he would want for us to do.

そして、彼は私たちにもそうしてほしいと願っていると思います。

No one knows how much time we have. 

私たちがあとどれだけ生きられるかなんて誰にもわかりません。

That’s why we must live in the moment, we must enjoy the moment, we must reach and see and spend as much time as we can with our families and friends and the people that we absolutely love. 

だからこそ、この瞬間を生き、楽しみ、家族や友人や愛する人々と過ごさないといけません。

To live in the moment means to enjoy each and every one that we come in contact with. 

この瞬間を生きるというのは、すべての出会いを楽しむということです。

When Kobe Bryant died, a piece of me died. 

コービーが亡くなった時、私の一部も死んでしまいました。

And as I look in this arena and across the globe, a piece of you died, or else you wouldn’t be here. 

この会場や地球上を見渡しても、皆さんの一部が死んでしまったか、もしくはここにすらいないでしょう。

Those are the memories that we have to live with and we learn from. 

これらの思い出と共に生き、この思い出から学ばないといけません。

I promise you from this day forward, I will live with the memories of knowing that I had a little brother and I tried to help in every way I could.

君に約束します、私にはいつだって助けたいと思える弟がいたという思い出と共にこれから生きることを。

Please, rest in peace little brother. 

弟よ、どうか安らかに眠れ

言葉と人生
言葉と人生

-偉人の名言
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「日々目の前のことを全力でやる」 桐谷美玲

桐谷 美玲は、日本の女優、ファッションモデル。 千葉県出身。フェリス女学院大学卒業。スウィートパワー所属。夫は俳優の三浦翔平。 生年月日: 1989年12月16日 名言 新たな役に挑戦することで成長を …

言葉と人生 山本KID徳郁

KID 山本KID徳郁 山本“KID”徳郁は、日本の男性総合格闘家。神奈川県川崎市出身。戸籍名:岡部 徳郁。学歴は桐蔭学園高校中退〜アメリカ留学〜山梨学院大学中退。血液型B型。KRAZY BEE主宰。 …

お金を増やしたいなぁーと思う人まずはここからはじめましょ☺︎

お金……あなたもできればたくさんに増やしたいですよね? お金はほとんどの人が興味のある分野ですので、色々な人が研究し、そしてたくさんの本が出版されています。 ここでは、そのような情報の中から、 しっか …

言葉と人生 佐々木希

佐々木希 佐々木希 佐々木 希は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 希。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 生年月日: 1988年2月8日 名言 忙 …

言葉と人生 Pelé

Pelé (Edson Arantes do Nascimento)ペレ(エドソン・アランテス・ド・ナシメント)(1940年~) ブラジルのサッカー選手。1363試合に出場し1281得点を記録。3度の …

Translate »