スポーツ, 星野仙一, 野球 | 言葉と人生

偉人の名言

夢を夢とするなかれ 星野仙一

星野 仙一は、日本のプロ野球選手・監督、野球解説者、タレント。 岡山県児島郡福田町出身。選手時代のポジションは投手。中日ドラゴンズ・阪神タイガース・東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務めた。2015年より死去まで株式会社楽天野球団取締役副会長を務めた。 生年月日: 1947年1月22日

名言

「何がやりたいか分からない、自信が持てない」という不安定な気持ちに対して、大切なのは、自信があるかないかではなく、自分の仕事に夢中になっているか否かだ。自分の仕事に馬鹿になれるなんて、すごく幸せなことだ

やるべきことだと思っていることを、本気になってやっていかなければ自分の人生も、なにひとつ変わっていきはしないのである。本気か、本気でないのかが人生の分かれ道だ

弱いチームを引き受けるのは男のロマン

夢中になれる仕事自体が見つからないと言うことに対して、見つけることよりも、やってみることが大事なんだ。少しでも好きに慣れそうな仕事に、とりあえずチャレンジしてみる

指示を待つな!勇気を持って、積極的に行け

全てはフェアプレーで行われるべきであり、その上でライバルに優れた点があれば、率直に認め、学び、吸収せよ

やるだけやったらそれでいい!

迷った時は前に出る。勝負に懸けた時点で正解なんや

弱気は相手を強気にさせる、弱気は強気に押し切られる、強気は弱気を制していく、強気は強気を押し退ける

夢を夢とするなかれ

失敗してもチャンスはある

思い悩んでいるなら、前に出るのが男だろ

一生懸命というのは自分で決めるものではない、他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ

知っているのにできなければ、 理論も知識もただの屁理屈といわざるをえまい

不平等な世界だからこそ、ひいきされるような選手になれ

厳しさ7割、優しさ3割。これが本当の愛情なのだと思う

大変という意味は大きく変わるということ。ピンチはチャンスの前触れ。大難を忍ぶ者は、大善を引き起こす

どんな時でも過去ではなく、未来をイメージし続けよう。そのためにも、目標に少しでも近づけることを、どんな時でも確実にやっていこう。その積み重ねが後になって必ず役に立ってくる

当たり前の事を当たり前にやるだけ、ただし本気で

いい、悪いをハッキリしなければならない。それをせずに、なにかの拍子に気分で怒るから変なことになる

楽天のファンがこんなにいるとは思わなかった。本当にライトスタンドが満員で。これ仙台にも来てよ。本当にみなさんのね、この、熱い熱い応援が、どれだけ力になるか、本当にありがとう

弱い者がいたら助けてやるのが、名古屋の男じゃないか

迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい

何が起こるかわからん、人生は

今、自分があるのは野球のおかげです。野球で遊び、甲子園を夢見て、プロ野球選手になることを夢見て、いろいろな形で野球をしてきて、もっともっと野球に感謝しなければいけない。ということは野球に恩返ししなければいけない、そういうチャンスをいただいた

一生懸命というのは自分で決めるものではない、他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ

プロは結果を残さなければ去るべし

今の世の中、多様になって日本人のわびさび、義理人情ってのがね……。あの時は、野球人の聖地・甲子園に村上ファンドが手をつっこんできたから、つい「天罰」なんて言葉を口にしてしまいました

プロ野球がどういう方向に進んでいくのだろうかと心配です。

今の日本の教育は、精神的にも肉体的にも鍛える、我慢させるという時期がほとんどありませんよね。それで、社会人になって初めて「悔しさを我慢しろ」といっても、そら無理ですわ。それで、やけっぱちになる。本当は、その気持ちといかに戦うかが大事なんですよ。

甲子園に出られなかった悔しさをエネルギーにして、これまで頑張ってきたという自負もあります。

最近の日本人は歴史を伝えないし、伝統を受け継がない。そのことを、僕はとても危惧していますね。

もっと、もっと言葉というのは伝えるものであると、愛であるし、力でもある。

どの分野でも世代交代は大事ですからね。ただ、伝統を受け継がない日本人はすぐに「もう、年寄りは邪魔だ」と考えるんですよ。とても悪いところです。

僕たちスポーツ選手のいけないところは、「たいしたことないわ。こんなもん」と、「これだけ鍛えてきたんだから、俺に限ってそんな病気になるはずない」と、過信するところですね。これが大きな落とし穴ですよ。

人間というのは、どうしても自分のポジションを奪われたくないと思ってしまいますからね。そこのところをどう柔軟に考えていくかです。

僕は団塊の世代で、その世代の男たちを代表しているつもりでいる。だから「あいつ頑張っているな」「でも、あいつ俺と同じ年だ」と同世代のエネルギーを呼び起こす役目があると思っています。だから、僕はいつも怒っていて、その辺のもの蹴飛ばして、頑固オヤジの部分を見せなきゃいけない。そう思っているんです。

-偉人の名言
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 松本人志

松ちゃん 松本人志 松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 – )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダ …

言葉と人生 大野智

大野智 大野智 大野 智は、日本の歌手、俳優、タレント、アイドルであり、男性アイドルグループ・嵐 のリーダーである。愛称は「大ちゃん」「リーダー」。東京都三鷹市出身。ジャニーズ事務所所属。 生年月日: …

言葉と人生 マーティー・ルーサー・キング・ジュニア

Martin Luther King, Jr. Martin Luther King, Jr. マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(1929年~1968年) 米国の牧師、公民権運動の指導者、ノーベ …

「まだまだ“できないこと”がたくさんある」中村アン

https://sayariyo.work 中村 アンは、日本の女性モデル、タレント、女優。 東京都江東区出身。東洋英和女学院大学卒業。プラチナムプロダクション所属。 生年月日: 1987年9月17日 …

言葉と人生 山田孝之

山田孝之 山田孝之 山田 孝之は、日本の俳優。鹿児島県出身。スターダストプロモーション所属。 生年月日: 1983年10月20日 名言 一方的な正義とか悪というものは存在しないと思ってる 違和感のある …

Translate »