「重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。」安倍晋三 | 言葉と人生

偉人の名言

「重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。」安倍晋三

安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、清和政策研究会会長、自由民主党憲法改正実現本部最高顧問、ナザルバエフ大学名誉教授。

生年月日
1954年9月21日

名言

父の遺志を継ぎ、父が成し得なかったことを何としてもやり遂げたい。

言うべきことはきちんと言わなければならないし、そのためには自分で発信することを躊躇していては何も始まらない

もし私が批判されることを恐れて、自説を引っ込め戦うことをやめていたら、今の私はなかったでしょう。

友達がいなくて独りぼっちの子がいたら、ぜひ声を掛けてあげてください。私がこどものときにそういうことができなかったことを、今でも後悔しています。

誰が何と言おうと、どんなに批判を受けようと自分の信念を持ち続けることが重要。

日本は戦後、民主主義と自由を守り、平和国家としての道を歩んできました。この姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。

ただスローガンを重ねるだけでは、社会を変えることはできない。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ

改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。

例えば最悪の事態になった時、私が責任を取ればいいというものではありません

様々な意見の違いや課題があるからこそ、首脳同士が会って胸襟を開いて対話すべきだと思います。対話のドアは常にオープンにしています。

日本人の命、すべからく、国の最高責任者である私にあります。

働きたい人が働けるという状況を作っていく。雇用を作り、収入が増える環境を作っていく。それが政府に課せられた使命だ

誰が何と言おうとどんなに批判を受けようと自分の信念を持ち続けることが重要。

祖父の岸信介が「もう一回総理をやらせてくれればもっとうまくやったのに」と、よく話していました。私は今回、そのチャンスをもらいました。まず心がけたのは、あまり肩に力を入れないようにということですね。自分の思い通りにはならないということを認識し、独り善がりにならないように気をつけました。いくら立派な政策でもそれだけでは前に進んでいかないのだから、国民のニーズは何かということを見極めようとしました。

政権がスタートした時は、野球で言えばノーアウト満塁でマウンドに立ったようなものでした。こういう時は奇をてらってはダメ。自分を信じて思い切り腕を振ってど真ん中に投げるしかない。その思いで「大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略」からなる「三本の矢」の政策を放っていきました。

女性の活躍は、社会政策でなく、成長戦略として捉えています。日本は人口減少の中で労働力が不足していく、もうダメじゃないか、と言われていますが、女性は日本に眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、そ眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、それを取り除いていくための政策を進めていきます。

重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。

私の世代でこの問題に終止符を打つ。

根拠がないことを仰るというのは、嘘をついているというのと同じことですよ

憲法について、考え方の一つとして、いわば国家権力を縛るものだという考え方はありますが、しかし、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的な考え方であって、今まさに憲法というのは、日本という国の形、そして理想と未来を語るものではないか、このように思います

頑張った人が報われる日本経済、今日よりも明日の生活が良くなると実感できる日本経済を取り戻してまいります

改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。

何よりも「日本を日本たらしめているものは何か」を見失うようでは日本のリーダーとしては失格でしょう。

一つの色や価値観で世界を染め上げようというのは多くのリーダーは考えていません。

もし私が批判されることを恐れて自説を引っ込め戦うことをやめていたら今の私はなかったでしょう。

みな、自国の「色」を大事にしその歴史に誇りを持っている中で日本のリーダーだけが「無色」では国際的な信用を得ることも難しいでしょう

ただスローガンを重ねるだけでは、社会を変えることはできない。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ。

日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります

津波で家族を失い、愛する人を失い
絶望的な状況の中でたくさんの人達が苦しんでいた。
そんな時に私たちは人としてまた政治家として何ができるか
世耕理事長とそう語り合って、私たちの手で物資を集めて
そして私たちの手で被災地に届けよう、そう考えました。

私は頼まれたら断らない

腸の難病と共に人生を歩んできたのですが私の経験不足、そして政権運営の拙さから選挙で大敗しそして政権は行き詰まり
この持病が悪化し、内閣改造直後に辞任を余儀なくされました。政権を投げ出した、日本中から厳しく批判されました。私の責任です。私の政治家としての自信や誇りは砕け散ってしまった、もう安倍晋三は終わった。
みんなそう思ったんです。その後、新しい薬が幸い開発をされて体調の方は元に戻った。でも政治家として先頭に立って
リーダーシップをとる自信はまだなかった。そんな時、懸命に頑張る被災者の皆さんの姿に接し、被災地の復興は、そしてそのために
強い経済を取り戻すことが私の使命である。
こう決意しました。

なぜ不可能と言われた
総理への再登板が可能となったか。それは決して私が特別優れた人間だったからではありません。
残念ながら特別強かったからでもない。ただ一点。決して諦めなかったからであります。
そして、諦めない勇気をもらったからなんです。

どうかチャレンジして
そして失敗しても立ち上がってください。そして、皆さんの溢れる若い力でよりよい世界を創ってください。

-偉人の名言
-

関連記事

「お前達ナンバーワンになりたくないのか?」孫正義

感想 いつも孫さんのお言葉は、甘んじてる自分に喝をいれてくれます。 この人の野心の影響は計り知れませんね。 且つ、論理的。 自分の得意分野を磨く事、志、勝ち癖負け癖、成功体験。 そして腹を括る事を説い …

「あなたを幸せにしたいんだ」山本太郎

山本 太郎は、日本の政治家、活動家、元俳優、元タレント。れいわ新選組所属の衆議院議員、同党代表。 参議院議員、自由党共同代表兼政策審議会長を歴任した。 生年月日: 1974年11月24日 名言 声を上 …

自分が何ができるのかを考えて 黒柳徹子

黒柳 徹子は、日本の女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家である。愛称はトットちゃん、チャック。 生年月日: 1933年8月9日 名言 人間にとって一番大変なことは、 …

言葉と人生 Michael Jackson

Michael Jackson Michael Jackson マイケル・ジャクソン(1958年~2009年) アメリカのシンガーソングライター、ダンサー。「キング・オブ・ポップ」と称される。 195 …

「今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない。」ロベルト・バッジョ

ロベルト・バッジョは、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァ県カルドーニョ出身のサッカー選手。バッジオ、バッジォと表記することも。 1993年度欧州年間最優秀選手、1993年度FIFA世界年間最優秀選手。 …

Translate »