「自分を疑ったことは一度もない」ウェイン・ルーニー | 言葉と人生

偉人の名言

「自分を疑ったことは一度もない」ウェイン・ルーニー

ウェイン・マーク・ルーニーは、イングランド・マージーサイド州リヴァプール出身のサッカー選手。EFLチャンピオンシップ・ダービー・カウンティFC所属。ポジションはフォワード。 5度のリーグ優勝の他、UEFAチャンピオンズリーグおよびFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。 生年月日: 1985年10月24日

名言

僕は常に試合に関わろうとしていた。でも僕はストライカーで、何ゴールも決めるためには、ボックス内で待って自分の仕事をしなければいけなかったんだ

最もやってみたいことは監督。引退後も指導者としてエバートンに残りたいし、いつの日か監督をやってみたい。

練習するときはいつも出来る限りハードに練習して、毎日追加練習もして、更に蹴りを若いころから続けてきた。

僕にとっても、指導者に転身して、次のステップ、つまり選手から指導者へ転身することが重要だった。

知らない人に自分を説明するなら、何処にでもいるシャイな奴だって言うさ。

アメリカでのプレーは、異なる国で、異なる文化での経験だったので、良いものになった。でも、こうしてホームに戻って、チャンピオンシップで、ダービーでプレーできているのも良い経験。

チームの為に何が出来ただろうなんて控室で悩み続けるのは、ゴメンだ

ミッドウィーク、もしくは週末の試合に向けて、できる限りベストな準備をしているよ。

マンチェスター・ユナイテッドでの時間は、心から楽しんだ。僕がダービーに勝ってもらいたいと思っているのを、皆がわかってくれると思う。この試合が終わったら、僕はマンチェスター・ユナイテッドのファンに戻る。

私はサッカーを愛していて、その他は本当に何も興味を持ったことがない。

プレミアリーグでは数々のことを成し遂げられた。MLSは全く違う環境だったけれどね。今はチャンピオンシップでプレーしている。この経験が、指導者になった時に生きる。

いったん青になったら死ぬまで青だ。

シーズンが始まる時にはいつも、すべての大会で優勝することを目標としているんだ。

すべてのことをできる限り楽しもうと思った

ここアメリカでプレーすることはプレッシャーも感じるよ。でもこのプレッシャーを楽しんでいる。プレーオフに進出はできた。さらなる成功をつかみたいね。チームもいいプレーをしている。ここでのサッカーを本当に楽しんでいるよ

アメリカではサッカーが一番大きなスポーツではない。NFLやバスケットボールなど他のスポーツをみんな見ている。だから家族と以前よりゆっくり過ごすことができるようになったよ

エヴァートンでの最後のシーズンは、監督が何度も代わり、違うポジションでプレーすることを強いられて少し不満があったよ。しかし、これもフットボールの一部だ。辛い時を乗り越えて今素晴らしい時間を過ごしている

イングランド代表を指揮することができて誇りに思う。無観客で行われるが、オールド・トラッフォードに戻ることはいつも特別だ

クリスティアーノとは自分がユナイテッド入りした頃によく一緒に試合や練習に行っていたんだ。試合前日の夜にマクドナルドに立ち寄ったことを覚えているよ。彼がビッグマックを食べたがったからね。かなり痩せていた彼は体重を増やそうとしていたんだ。自分が車を運転して、彼がビッグマックをゲットするためにドライブスルーに行かなきゃならなかった

君(クリスティアーノ)との間にはなんの問題もない。トーナメントを楽しんでくれ。健闘を祈る。一緒にプレミアリーグで優勝できるようにまた頑張ろう

僕のサッカー選手としての成長に、ボクシングの経験はすごく活きたと思う。若くしてプレミアリーグで戦うことになったから、特にね。激しいリーグで成功するには、特別な”強さ”が必要だった。それをボクシングのトレーニングで培ったんだ。それがいまでも試合に役立っているのさ

今でもボクシングを観戦するのは好きなんだ。それに、トレーニングをすることもあるよ。いいストレスの発散になるんだ

ロックダウン下の生活は多分他の選手と同じようなものだったと思うよ。子どもたちが一緒にいて大変なこともあったが、楽しい時間も過ごすことができた

ロックダウン中の生活は難しい部分もあったけど、若くてまだ子どもがいない選手たちは、1人で何もすることがなかっただろうから、それに比べれば楽だったと思う

2006年W杯…イングランドが勝ったとしても、自分は残りの準決勝と決勝には出場停止処分で出られないだろう。負けたら自分のファウルのせいだと思った。サッカー人生で最悪の瞬間だった

正直、まだプレミアリーグで戦えるクオリティーはある。常に自信を持ってきたし、自分自身に高い期待をしている

満足しているし、常に新たな挑戦を求めていた

自分を疑ったことは一度もない

イングランド代表としてプレーできることは、私のキャリアにおいてとても誇れることです。代表キャップ120試合目となるこの試合で勝利できたら、私の人生において特別な日になることでしょう。最後の試合相手がアメリカ代表ということも。うまくフィットしていると言えます。イングランド代表のサポーターもアメリカ代表もサポーターもぜひ、試合を楽しんでもらえればと思います

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 Pelé

Pelé (Edson Arantes do Nascimento)ペレ(エドソン・アランテス・ド・ナシメント)(1940年~) ブラジルのサッカー選手。1363試合に出場し1281得点を記録。3度の …

「本当の自由は、何も持たないことなんじゃないかな」マイク・タイソン

https://sayariyo.work マイク・タイソンは、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。元WBA・WBC・IB …

気にすんな!! 楽に行こう!!モンキー・D・ルフィ

毎日命はって生きてるから、あいつらは本当に楽しそうに笑うんだ!!! 支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴が 海賊王だ!! 大事なモンを簡単に捨てられるお前が 俺に勝てるわけがねぇんだ! できるかど …

言葉と人生 武藤敬司

武藤敬司 武藤 敬司は、日本の男性プロレスラー。WRESTLE-1を運営するGENスポーツエンターテインメント代表取締役会長。山梨県富士吉田市出身。山梨県観光大使。武藤塾塾長。娘はタレントの武藤愛莉。 …

言葉と人生 瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴 瀬戸内寂聴 (1922年~) 日本の女性小説家、天台宗の尼僧。 1922年5月15日 、徳島県徳島市に生まれる。 東京女子大学在学中に結婚するも夫の教え子と恋に落ち、夫と長女を残して京都で …

Translate »