言葉と人生 Florence Nightingale | 言葉と人生

偉人の名言

言葉と人生 Florence Nightingale

Florence Nightingale

Florence Nightingale


フローレンス・ナイチンゲール(1820年~1910年)

英国の看護師、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の生みの親と称される。

1820年5月12日、裕福なジェントリ(地主貴族層)の家庭に生まれる。

幼少期は外国語、ギリシア哲学、数学、天文学、経済学、歴史、美術、音楽、絵画、心理学、詩などの教育を受ける。

慈善訪問の際に貧しい農民の悲惨な生活を目の当たりにし、人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになる。

1851年、精神を病んだ姉の看護をするという口実でドイツの病院付学園施設に滞在。その後、看護師を志してロンドンの病院に就職。父は就職に理解を示したが、母、姉は反対であった。

婦人病院長となったナイチンゲールは各地の病院の状況を調べ、専門的教育を施した看護師の必要性を訴える。当時、看護師は病人の世話をする単なる召使として見られていた。

1854年にクリミア戦争が勃発。負傷兵の扱いが悲惨な状況にあり、戦時大臣はナイチンゲールに戦地への従軍を依頼。

ナイチンゲールはシスター、職業看護師の女性を率いて後方基地にある病院へ赴任。看護師の総責任者として活躍する。その働きぶりから「クリミアの天使」、夜回りを欠かさなかったことから「ランプの貴婦人」と呼ばれる。

ナイチンゲールの尽力により、病院内を衛生的に保つことが命令され、42%まで跳ね上がっていた兵舎病院での死亡率は5%まで低下する。死因のほとんどは病院内の不衛生による感染症であった。

1856年、クリミア戦争終結。ナイチンゲールは国民的英雄として祭り上げられることを快く思わず、偽名を使用して帰国。

帰国後、病院の状況分析を開始。数々の統計資料を作成し、改革を目的とした各種委員会に提出。保健制度および陸軍全体の組織改革につながる。英国ではナイチンゲールは統計学の先駆者とも称されている。

陸軍・政府関係者もナイチンゲールの超人的な仕事ぶりと相手が誰であろうと直言を厭わない果敢な姿勢に敬意を示した。

1910年8月13日、フローレンス・ナイチンゲールはバーンレーンの自宅で90年の生涯を閉じた。

名言

How very little can be done under the spirit of fear.

 
恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことでしょう。

I attribute my success to this – I never gave or took any excuse.

 
私が成功したのは、決して弁解したり、弁解を受け入れなかったからです。

I never lose an opportunity of urging a practical beginning, however small, for it is wonderful how often in such matters the mustard-seed germinates and roots itself.

 
物事を始めるチャンスを、私は逃さない。たとえマスタードの種のように小さな始まりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもある。

I think one’s feelings waste themselves in words; they ought all to be distilled into actions which bring results.

 
人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思えるのです。それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのです。

I stand at the altar of the murdered men, and, while I live, I fight their cause.

 
命を奪われた男たちの前に立って思う。生きている限り、彼らを死に追いやった相手と戦い続けると。

The very first requirement in a hospital is that it should do the sick no harm.

 
病院の第一の条件は、患者に害を与えないことである。

I use the word nursing for want of a better.

 
他によいものがなかったのでそのコトバを看護と言う。

-偉人の名言
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 本田宗一郎

本田宗一郎 本田宗一郎 本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 – 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工 …

「女のウソは、許すのが男だ」ヴィンスモーク・サンジ

女のウソは、許すのが男だ いいかウソップ!!! おれは…ナミさんの為ならお前が死んでも構わない 決闘”に敗けて その上…同情された男がどれだけ惨めな気持ちになるか 考えろ!!! 不用意な優 …

言葉と人生 渡部篤郎

言葉と人生 渡部 篤郎は、日本の俳優。本名、渡部 篤。東京都新宿区出身。オフィスまとば→レティシア→スターダストプロモーション所属。血液型はA型、身長は180cm、体重は73kg 。元妻はタレントのR …

「消極的な成功よりも積極的な失敗を」原辰徳

原 辰徳は、日本の元プロ野球選手。プロ野球監督、解説者。 2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務めている。2009年には日本代表監督も務めた。 福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市 …

「楽しむ」ということは、人生において最も大切なことだと思う。イニエスタ

アンドレス・イニエスタ・ルハンは、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー。元スペイ …

Translate »