「まずは情熱を持ってはじめないと」ガブリエル・バティストゥータ | 言葉と人生

偉人の名言

「まずは情熱を持ってはじめないと」ガブリエル・バティストゥータ

ガブリエル・オマール・バティストゥータ は、アルゼンチン・サンタフェ出身の元プロサッカー選手。ポジションはフォワード。1990年代を代表するフォワードの一人で、長くイタリア・セリエAで活躍し、セリエAの外国人最多通算得点記録を保持している。またアルゼンチン代表にも選抜され、歴代2位の得点記録保持者である。 生年月日: 1969年2月1日

名言

強いものがいつも勝つとは限らない。
それがサッカー、人生さ

違った未来を築くために「自分にできることは全てする」ということだけは心に誓っていたんだ。

サッカー選手としてのキャリアは必ず終わりが来るからね。望まなくてもその日は来るんだよ。だからその後どうするかは考えるよ。

80年代とか90年代頃は、サッカー選手を夢見ている子供の99%が夢を叶えられないという現実があったんだ。99パーセントが失敗する。
僕は毎日練習して、やらなければいけなかった勉強もしていたんだ。
僕のような子供の1%しか夢を叶えられない事も分かっていたよ。

多くのオファーがあった。レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ミランからね。だが、フィオレンティーナで落ち着いてプレーするほうを好んだんだ

スターでいることを楽しんだことは一度もないね。チームの中心になるとすぐにより重い責任を負うことになるからね

もしレアルに入っていれば、200ゴール以上は決めただろう。だが、退屈になることは分かっていた。ミランでも同じことが起こっただろう。

私はメジャータイトルを勝ち取ることはなかったが、自分のことを勝者だと思っている。フィオレンティーナが大物たちと競い合うことを手助けしたからね

家族や友達、彼女を故郷のレコンキスタに残して、約片道10時間かかるロサリオという遠い街に一人に「プロサッカー選手になる」という夢を叶えるために出てきたんだよね。
1年半の間、この努力や犠牲が、僕の夢を達成してくれるなんていう保証は全くなかったよ。けど、自分の夢を叶えるために努力し続けるしかなかった。

僕が子供の頃一番学びが多かった時間は、日曜日に家族みんなで団欒している瞬間だったんだ。そこで、僕の祖父母や父、おじ、そして彼らの友人から人生での物語を多くを聞いたね。

すでに知っていると思っていた事を、実際には知らない事に気づいた。他の人の話しや意見が、自分を取り囲む状況を解決してくれるんだよね。人の話には、常に問題解決のヒントがあるということ。その時から、その考え方は常に自分の中で持っているようにした。

謙虚さは人のエゴをコントロールしてくれるんだよ。

僕の目標はロングヘアをキープすることではなくて、アルゼンチン代表で歴史を作ることだった。その目標を達成することは、自分のスタイルをキープすることよりも何倍も大きなものだったんだよね。

謙虚さが僕にこう言ったんだ。
「ただ単にキャプテンマークをぶら下げて、ロッカールームやチームに入ることに価値はないぞ。それよりも、頼れる人間になるんだ。行動で示せ。喜んでハードワークして、他の選手たちと一緒に学ぶんだ。」
そのおかげで、キャプテンマークはトッティに返したし、背番号9番もモンテッラに返した。
そして、僕はリーグ制覇という目標にフォーカスした。

痛みは僕を打ち負かすことはなかった。
痛みがあっても常に前に進み続けた。

僕は、何がなんでも成功したかった。
だから、弱音なんて吐いていられなかったんだ。成功するには、今よりも高い要求を自分に課す必要があったし、今の自分が持っていないくらいの力を出さなければいけなかったんだ。
毎日、自分の限界に挑戦し続けたよ。
繰り返し、繰り返し、繰り返し。
ずっとそうやってきた。

「自分の目標のために前に進み続ける」メンタリティーを持ち続ける事ができたから、痛みにも負けることはなかったし、失敗した時も前に進む事ができたんだ。

精神的に自分を教育すること。
その自己教育で、自分のエゴが行きすぎてしまうことを許す事はなかった。自分が望んでいる高い目標を達成するために、自分の精神を教育したんだ。

フィジカル的に自分を教育すること。
どんなに足首が痛くても毎日トレーニングを欠かさなかった。
毎回、これが最後の練習になるかもしれないという気持ちを持って練習していたし、明日はないという気持ちで練習に取り組んでいたよ。

私はフィレンツェを愛しているが、こんな状況になるなんて予想できなかったよ。約20年前に私はここを離れたが、愛情は常にここにある。この感じは言葉では表すことができないね

サッカー選手になって始めて稼いだお金は牧場の経営に使ったんだ。大切なのは好きなことをするって言うことだよ。そうじゃなかったら幸せじゃないでしょ。

世の中にはいろいろな可能性があるからね。もし何か興味のあるものが見つかれば受け入れるかもしれないし。すべての可能性に対してオープンだよ。

まずは情熱を持ってはじめないと。お金のことを考えるのは後だよ。

ゴールがあるから蹴るんじゃない。僕が蹴るからゴールがあるんだ

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「一度権力を手に入れた者ほど変化を恐れるもの」ジンベイ

もう何も見えんのかお前には!!!どんな壁も乗り越えられると思うておった自信!疑う事もなかった己の強さ!それらを無情に打つ砕く手も足も出ぬ敵の数々!この海での道標じゃった兄!無くした物は多かろう。世界と …

「成功は『退屈で古臭い習慣』によるもの」レイ・アレン

ウォルター・レイ・アレン・ジュニアはカリフォルニア州マーセド出身の元バスケットボール選手。NBAのミルウォーキー・バックス、シアトル・スーパーソニックス、ボストン・セルティックス、マイアミ・ヒートで活 …

「自分が国を背負っていると思っていたけれど実は自分が支えられていたんだ」マニー・パッキャオ

https://sayariyo.work マニー・パッキャオは、フィリピンの政治家、プロボクサー、フィリピンプロバスケットボールリーグのバスケットボール選手兼ヘッドコーチ。本名エマヌエル・ダピドゥラ …

言葉と人生 山下智久

山下智久 山P 山下 智久は、日本の歌手、俳優、タレント。 男性アイドルグループ・NEWSの元メンバーで、2011年10月からはソロとして活動。愛称は「山P」。 千葉県出身。ジャニーズ事務所所属。明治 …

「結局自分がやるか、やらないか」久保健英

久保 建英は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。プリメーラ・ディビシオン・ビジャレアルCF所属。日本代表。 生年月日: 2001年6月4日 名言 メッシ …

Translate »