「すべての短所に長所がある」ヨハン・クライフ | 言葉と人生

偉人の名言

「すべての短所に長所がある」ヨハン・クライフ

ヨハン・クライフことヘンドリック・ヨハネス・クライフは、オランダ出身のサッカー選手、サッカー指導者である。選手時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 生年月日: 1947年4月25日

名言

スポーツには、人々が自分自身について思い描いているヴィジョンや、自分を表現する方法を急速に変える力がある。他のどんな人間活動よりも速いスピードで、スポーツは人々の生き方全体を変えられる

能力のないプレーヤーほど、他人のミスを責めたがる

勝利に必要なら、私は親の仇でも使う

小柄なことはマイナスではない。(ユース年代で)小さくて目立つ選手は、大きな選手を相手にボールテクニックで打ち負かす術を、時間をかけて身につけている。だから大人になって、大柄な相手にも自然と優位を得られるのだ

メッシのやったことは、すごくうれしく思ったよ。彼が私のプレーを見ていたのかどうかは知らないが、誰かがああいうことをやれるとすれば彼だっただろうね

メッシはもっと“チームプレーヤー”なんだ。彼はゴールも量産できるが、パスやアシストなどすべてのことができる。私にとって偉大な選手であることと、偉大なゴールゲッターであることは違うんだ。説明するのは難しいけど、私は何よりもチームが大事だと考えている

議論の余地はないよ。メッシのレベルにいる選手はいないし、私なら彼を選ぶね

監督たちは皆、とにかく動きや、走ることにこだわる。私はそこまで走る必要は無いと思う。サッカーは脳を使うゲームだ。良いポジションに、いかにタイミング良く、「居れるか」が重要だ。早すぎても遅すぎてもいけない。 

レアル・マドリーが非常に強いチームであることに疑いの余地はない。ただ、彼らにとって唯一の悲劇は、バルセロナと同じリーグにいることだ

自分がボールを持っていれば、相手はボールを持てない。

私は、スペインへの移籍が論争の的になっていたことを思い出す。人々は、私がファシストの国に行くと言っていた。アヤックスの会長は、私をレアル・マドリーに売りたかったのだ。

私は戦争の直後に生まれた。そして、私はそれらを受け入れないことを教えられた。バルセロナはレアル・マドリーと同じレベルにはなかったが、カタルーニャのクラブでプレーすることはチャレンジだった。バルセロナは、クラブ以上の存在だった

戦術とは、洞察力と信頼と勇気だ

サッカーとは、魅了的、攻撃的にプレーすべき。スペクタクルであるべきだ。

私は日頃から、他人にしたことは、いつか自分に返ってくると思っている

多くの物事に対する視点を変えたのだ。人生には他にも価値があるものがある

私のチームでは、キーパーが一人目のアタッカーで、フォワードが一人目のディフェンダーだ。

ボールに触れることで、試合に参加していると感じられるし、楽しさを覚えられる。それはユースだろうが、アマチュアだろうが、プロだろうが変わらない。普遍的なことなのだ

いったい誰が俺にサッカーを教えられるんだ?

目先の事だけではなく、もっと長期的に考えなければならない。自分の責任は勝つ事だが、クラブは生き続けていかなければならないんだ

いくら技術に優れたスーパースターでも、その上には、勝者が、チャンピオンがいるものだ

ピッチに出る時、観客席を見ろ。全てお前たちのために居るんだ。さぁ、ピッチに出て、思う存分楽しんでこい。

ボールを持てば私が主役だ。決定するのは私で、創造するのも私だ

いたって単純。相手より一点多くゴールを決めれば勝ちだ。

教育する側が個性に気づいてやること、それが肝心なんだ

見えるようになるのは、わかってからだ

自分は神の信者ではない。スペインでは、(両チームの)選手全員22人がピッチに出る前に十字を切る。もしも効果があるなら、スコアはいつも引き分けのはずだよ。

1対1の状況は、常に勝たねばならない。

私は少し変人だ。理想主義なプロフェッショナル。そう思っていてくれ。

ボールを取られるのは、実は、戦術的洞察が足りないからなんだよ

イングランドのフットボールは見ている分には最も面白い。選手が危険を冒し、たくさんミスをするからだ

イングランドのフットボールは見ている分には最も面白い。選手が危険を冒し、たくさんミスをするからだ

攻撃しない、美しくないサッカーにいったい何の価値があるのだろう

私が来る前はクラブの金庫はいつも空だったが、私が出ていく頃には金庫はイッパイだった

私が思い出すのは、自分が一番優れていたことだけだ

バルセロナは素晴らしいチームだった。最高の選手たちと巡り合えたと思っている。自分の求める理想のサッカーができた。この喜びは私にしかわからないだろう。選手たちはみな、とてもいいやつらだった

「自分に何が出来ないか」を知ることが出来ねばならない。

重要なことは、ボールのリズムだ。

「あなたは年寄りだから、ダメだ」と言われると、私はこう答える。「それを決めるのは、あなたじゃなくて、私だ。」

美しく敗れる事を恥と思うな、無様に勝つことを恥と思え

才能を育てる監督よりも潰してしまう監督のほうが多いものだ。だから監督に目をつけられたからといって、よい結果につながるとは限らない

ボールは友人であるという事だ。ボールが望むようにプレーする。友人でなければ、ボールはどこかへ行ってしまうからね

選手たちの心理にまったく疎いわけではない。負けた試合の後、終わったことに対してくどくど言っても無駄なのはよく承知していた。だからそんな時は試合については一言も話さず、選手たちはそっとしておいた

フットボールにおいて、話すことは、最も大切な要素のひとつである

良い監督は、あるプレーヤーの短所を、別のプレーヤーの長所でカモフラージュする

私はフットボールを始めて以来、多くの選手を見てきたが、みんな私より下手だった

すべての短所に長所がある

現代のサッカーは楽しさが欠けている。子供の頃から走ること、戦うこと、結果を求めることばかりを追求し、基本的な技術すら身につけないことは馬鹿げている

本当に素晴らしいフットボールは、国境を越え、自分の属する国籍までも忘れさせ、人々を熱狂させることだ

フットボールは勝つだけのものではないからだ。ファンにために、若者たちの教育のためにも、さらに振る舞いや話し方、フットボールの全てが子供たちの教育になる

才能ある若手にこそ、挫折を経験させなければならない。挫折はその選手を成長させる、最大の良薬だからである

偶然や奇跡ではない。我々は自分たちが信じた戦いを貫いてきた。それが最後に実っただけだ

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 John F. Kennedy

John F. Kennedy John F. Kennedy ジョン・F・ケネディ(1917年~1963年) 米国の第35代大統領。著書『勇気ある人々』にてピュリッツァー賞受賞。 1917年5月29 …

言葉と人生 Ralph Waldo Emerson

Ralph Waldo Emerson ラルフ・ワルド・エマーソン(1803年~1882年) 米国の思想家、哲学者、宗教家、作家、詩人。 1803年5月25日、マサチューセッツ州ボストンでに生まれる。 …

「日々目の前のことを全力でやる」 桐谷美玲

桐谷 美玲は、日本の女優、ファッションモデル。 千葉県出身。フェリス女学院大学卒業。スウィートパワー所属。夫は俳優の三浦翔平。 生年月日: 1989年12月16日 名言 新たな役に挑戦することで成長を …

「弱さを経ていない強さはない」井上雄彦

井上 雄彦は、日本の漫画家。鹿児島県大口市出身。血液型はB型。 生年月日: 1967年1月12日 名言 弱さを経ていない強さはない 自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです …

言葉と人生 Oscar Wilde

Oscar Wilde Oscar Wilde オスカー・ワイルド(1854年~1900年) アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。代表作は『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』など。 1854年10月 …

Translate »