「これまでの人生で最高のときはいつか?"いま"だ」カカ | 言葉と人生

偉人の名言

「これまでの人生で最高のときはいつか?“いま”だ」カカ

カカは、ブラジル・首都ブラジリア出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元ブラジル代表。 生年月日: 1982年4月22日

名言

現役生活について真剣に考え、冷静に決断を下す時間が必要だった。僕の家族や兄弟、恋人など親しい人たちにも相談した。ヨーロッパにも行って数試合観戦し、ポテンシャル溢れるサッカーを見て感動した。そして真剣に考えた結果、プロ選手としてのキャリアを終える決断に至った

サッカー界の主役から、いわゆる凡庸な選手として扱われるようになった。その変化は辛かった。

新たなスタージが始まる。別の役割でサッカー界に関わっていけるように準備している。今後は選手としてではなく、監督やスポーツ・ディレクター、クラブと選手をつなぐような仕事で、クラブに関わっていきたい。古巣のミランからはすでにオファーを受け取っている。これからは勉強を重ねて、準備をしていきたい

スペクタルよりも重要なのは勝利。勝たなければそのチームは歴史に残れないからね。

代表復帰が本当に僕のモチベーションになっているんだ

時間はまだかかると思うが、“ミラノサッカーのルネサンス”と言えるのではないだろうか。インテルは好成績を収められなかったが、すでにCLに復帰した。ミランもCL圏内につけている。両チームにとって良いことだろう。

彼(Cロナウド)自体には驚かないが、今もこれほどのレベルを保っていることに驚く。おそらく(リオネル)メッシ効果の影響もあるはずだ。終わらない挑戦、常に自分を乗り越えようとする意欲があるからだろう。数多くの成功を収めて34歳を迎えたが、クリスティアーノは今も驚くほどにモチベーションを維持している

勝利するには、戦略上のバランスこそが鍵になる。魅せるプレーありきでは勝てないんだよ。

復讐じゃない。ただ、これはもう一度決勝でリバプールと対戦できる最高のチャンスだ。

スポーツの歴史において、彼ら(メッシ、Cロナウド)は間違いなくトップ5に入るだろうね。僕たちは彼らを同時に見ることができてとても幸せだよ

今後のサッカー人生がどうなるかなんて想像もつかない。

クリスティアーノはマシーンだね。強いだけじゃなく、パワフルかつスピーディ。強いメンタリティもある。いつも勝利するためにプレーしている。最高になるために。僕にとって、それが一番信じられなかったことだね

夢のクラブで、新たなタイトルを獲得して、歴史に刻まれる選手になりたい。

ミランとのつながりを示す『22』の背番号はつけない。サンパウロでは『8』、オーランドでは『10』をつける

09年にレアルからのオファーを受けたけれども、ミランで見せたようなプレーはできなかった。僕は完全なる失敗をしたよ。イタリアでは誰もが愛してくれたが、スペインでは誰もが出ていけと言った。そして、ジョゼ・モウリーニョは自分にとっては難しい監督だった。トレーニングで技術的な自信を取り戻すことはできずに終わったし、彼と一緒に仕事をするのは無理だと理解したよ

最も難しいのは移行の最中だと思う。下位カテゴリーから移行してプロになると、全く異なる世界で異なる状況に適応する必要がある。選手は君に教え、歓迎し、助けてくれる。それが私のキャリアの重要な瞬間だ。難しいが同時に美しくもある。

私はキャリアの中で何人か本当に驚異的な選手と一緒にプレーしたが、ロナウドが最高だった。その次はロナウジーニョだと私は言うだろう。ミランとレアル・マドリー時代に何度も対戦することができた

2007年は私のキャリアのピークだった。チームとしても個人としても。

子供は主からの贈り物であり、報いである

私はクリスティアーノと一緒にプレーしたが、本当にすごかった。だけど、メッシと一緒にいてみたい。彼は天才。それは純粋に才能だ。プレーがすごいんだ

私のキャリアの中で最高の瞬間のほとんどはミランだった。

ミランのファンのことはいつまでも心に残るし、みんなにお礼を言いたかった。

僕たちはイタリアの、ヨーロッパのチャンピオンだ。ファンにとっては厳しい1年だったけど、僕にはミランに戻ってきて通算100ゴールを決めたことは重要なことだった

ブラジルに戻れることは嬉しいし、新たな経験もできる。けど、ミランのファンにお別れを言いたかったんだ。全てはこのクラブから始まった。離れるのは簡単じゃなかった

サンパウロ退団メッセージ

プロキャリアのどの一部とサヨナラする時でも、サッカーにおいてはそれほど違いがないことだ。でも、今回は、サヨナラじゃない。 サンパウロを離れる事は自分にとって単なるオプションじゃないんだ。自分は常にサンパウロの一部であり、つねにこのチームの一部であり続けるだろう。心から。この6ヶ月間は大きな情熱で包まれていた。みんなが自分の復帰をどれほど歓迎し、優しく包んでくれたかは一生忘れない。 どんな試合もファンでいっぱいのモルンビーに復帰したことや、この一生着続けるであろうユニフォームで、トレーニングした日々を恋しく思うだろう。トリコロールは常に自分と共にある。いま、ブラジルのみんなには良く知られた場所であるアメリカのオーランド・シティでの素晴らしいチャレンジに向けて旅立つ。そこでもみんなからの応援を頼りにしているよ。サンパウロのスタッフのみんな、リーダーたち、監督、そしてチームメイトたちへの大きな感謝を置いていくよ。全てのトリコロールファンたちが計り知れないプライドを持ってこのシャツを身にまとっていることを、もう一度僕に教えてくれたんだから。愛をこめて、カカ

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 石橋貴明

石橋貴明 石橋貴明 石橋 貴明は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優であり、お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。 芸能事務所・アライバル所属で、同社代表取締役社長。 名言 下を向かないで …

言葉と人生 有村架純

有村架純 有村架純 日本の女優。兵庫県伊丹市出身。フラーム所属。 生年月日: 1993年2月13日 名言 努力が報われないこともあるかもしれないですが、思い続けることによって、きっと自然と夢に近づく選 …

言葉と人生 坂本龍馬

坂本龍馬 坂本龍馬 坂本龍馬(1836年~1867年) 江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。脱藩後は志士として活動し、倒幕、明治維新に大きな影響を与えた。 1836年、土佐(現在の高知県高知市)の郷士(下 …

「僕は“昭和の映画俳優”だから 」梅宮辰夫

https://sayariyo.work 梅宮 辰夫は、日本の俳優・タレント・司会者・実業家。身長174cm、血液型はA型。所属事務所は株式会社グッデイ。娘はモデル・タレントの梅宮アンナ。愛称は「辰 …

「旅とは人生であり人生とは旅である」中田英寿

https://sayariyo.work 中田 英寿は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE AC …

Translate »