俳優, 桐谷健太 | 言葉と人生

偉人の名言

「一分一秒レベルでどんどん生まれ変われたらいいな」 桐谷健太

https://sayariyo.work

名言

もちろん僕にも何をやってもうまいこといかへん闇の時代はあった

東京に出てきてトコトン絶望して、まるで真っ暗な箱の中でした。でもやっぱり演じるのが好きやったからね、小さい灯が消えずに残っている感覚はあったからやり続けられた。もちろん出会いや時間が糸を解いてくれたり、運にも恵まれたと思う。たまたまアホなことばかり言う役が認められて、この感じもええんかって自信になって、根拠のなかった自信が積み重なって、またその自信を自分で崩して脱皮したり

楽しい、好きというのは、努力ではどうすることもできない、持って生まれた無意識の感覚。芝居は楽しいだけじゃなくて苦しいこともあれば、今までになかった感覚を得られることもあるし、逆に何かを失うこともある。あのときにしか出せない、二度とできない役もある。だから、今あるものを今出して勝負できたら、ホンマ幸せだと思います

芝居って結局、自分以上のものはできない、全ては自分の中から出てくるものだと思ってます

思い返せばいろいろな作品をやってきたけど、その一つ一つで瞬間を生きてきたというか、あまり意識的じゃなかった。ようやく30歳を超えたあたりで、俯瞰で物語を見られるようになってきたかなと思います。でも、変わらないのは喜びも幸福も一瞬だということ。夢が叶ったときであれ、芝居がうまくいった瞬間であれ、幸福感はあるけどほんの一瞬で、すぐにフラットに戻るんです。だからこそ常に何かに挑戦したいし、変化し続けたいです

よっしゃ、やったろう!

役へのアプローチは、役柄によって違うんですよね。台本を読んでイメージがパッと出てくる役もあれば、なかなか理解できなくて、自分で探究していった先で一気にわかる時もある。

ドラマが終わっても「アイツ、今もどこかにいるんじゃないか」と思えるような役にしたいなと思っています。

20代、30代とかで、あんまり分けていないというか、むしろ、ひと月レベルで変わっていたい。ホンマは、一分一秒レベルでどんどん生まれ変われたらいいなって思うくらいなんですよ。

30代を振り返ってみると、考え方や取り組み方、人との向き合い方とかは、めちゃくちゃ変わってきているかもしれません。40手前にして、まさに今、自分の中で新たに脱皮している感じがありますね。

削いでいくんや、いらないものをどんどん取っていこう

子供のように生きられたらいちばんいいですよね。あの頃は誰かから褒められようなんて余計なことは考えず、無我夢中で遊んでいたし、それに、純粋で透明な感覚を持っていたじゃないですか。

大事なのは楽しむことかな。目の前にあるものをまずは受け入れて、仮にそれが気に入らなければ努力する。

役者として、ある種のジャンプ力を求められる時期やとは思います。けど、気負わず、“今”を大切にやっていれば、すこん! と、ええ未来がやってくるんちゃいますか

-偉人の名言
-,

関連記事

「どこにいても、何歳でも、成長できる」遠藤保仁

遠藤 保仁は、鹿児島県鹿児島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー。実兄は元サッカー選手の遠藤彰弘。 日本代表の国際Aマッチ出場数最多記録保持者 …

君たちにとって「本当」は何かな? 高須克弥

高須 克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。タレントとしてはオールアウトに所属。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手が …

「サッカーは僕にとって、人生そのもの」ラウル・ゴンサレス

ラウル・ゴンサレス・ブランコは、スペイン・マドリード州マドリード出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。元スペイン代表。ラウールと表記されることもある。現在はレアル・ …

「我が君主は天にあり」黒田官兵衛

黒田 孝高は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。キリシタン大名でもあった。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。三人の天下人に愛され、恐れられた男、官兵 …

「出会う人を大切にする」衣笠祥雄

衣笠 祥雄は、日本のプロ野球選手。引退後は野球解説者・野球評論家・タレント。広島東洋カープオーナー付スタッフ。京都府京都市東山区馬町出身。本名同じ。まれに衣笠 幸雄と誤記される場合がある。愛称は「鉄人 …

Translate:

Translate »