「敗北や試練から、いかに立ち上がるかが問われる」ルイス・フィーゴ | 言葉と人生

偉人の名言

「敗北や試練から、いかに立ち上がるかが問われる」ルイス・フィーゴ

ルイス・フィーゴことルイス・フィリペ・マデイラ・カエイロ・フィーゴはポルトガル・リスボン出身の元サッカー選手。元同国代表。ポジションはウイングまたは攻撃的ミッドフィールダー。原語の発音により忠実な発音は「ルイシュ・フィリープィ・マザイラ・カアイル・フィーグ」。 生年月日: 1972年11月4日

名言

サッカーとは、シビアで過酷なもの。自分の身の丈にあったチームや環境をまず優先すべき

明日、2009年5月31日が私のサッカー選手としての最後の日曜日だ。最後の日曜日が、インテルの4連覇を祝うパーティになるのがうれしいね。勝利こそが、私のキャリアで唯一の目的だった。勝てるものすべてに勝つ、それは練習試合からリーグ戦、カップ戦、そして個人の賞まですべてだ。そして、私が知っていた勝利への唯一の道は、犠牲と勤勉によるものだった。これはスポルティング(リスボン)にいた若造だったときに教わったことだ。これまで自分が達成したことには一つの偶然もなく、多くの犠牲があったからこそなのだ

ドリブルが出来ないのなら僕はサッカーをやめるよ

1対1になったら、勝負しないわけにはいかない。なぜなら俺はドリブラーだからだ

子供の頃から相手を抜けないと思った事は一度もない。抜けなかったことも一度もない

誓ってもいいさ。たとえ給料が減ってもバルサでプレーしたいんだ

もうサッカーに真実は存在しない。サッカーはビジネスに変わってしまった。

10万人を敵に回してプレーしたスポーツ選手は、きっと私くらいのものだ。

負けた悔しさが癒えていないから、引退するかどうかは何とも言えない。静かな環境の中でゆっくりと将来のことを考えたい

サッカーは人生と同じ。敗北や試練から、いかに立ち上がるかが問われるのだと思う。

俺は、自分を雇ってくれるクラブのために、ベストを尽くす。

僕は日本が大好きなんだ。日本語を話すのも大好き、だから英語で質問してくれ

テクノロジーというものは、今は日常的なものになっているし、社会のいろいろなところに取り入れられているから、それに順応する必要があると思う。改善点はいろいろあるけれど、選手だけではなく、審判の役にも立つことなので、取り入れるのはいいことだと思うよ

私のバルサとの別れは望ましい形ではなかった。しかし、私はバルサの悪口を言ったことはない。私はバルサで選手として成長した。5年間エンジョイしたし、過去を否定する気持ちはない。

私の移籍を金銭面の理由だと考える者もいるが、実際はより名声とタイトルを手に入れたかったからだ。自分の功績を認めてもらいたいという気持ちからだ。“一歩を踏み出そう”としたことが、あんなにシリアスな展開になるとは。

決定をしなければならないからそうした。全てのクラブでベストを尽くしてきたよ。自分が頑張ったことが認められなかったり、聞いてもらえなかったりすると、“じゃあもういい”という気持ちになるものだ。

チームのメンバーや成績の面でも、クラブにとって最高の時間に居合わせることができたので幸運だった。僕らは最強だったから、移籍を決断したことを幸せに思っている。今、クラブが当時の足跡をたどり始めたかどうかは分からない。だがインテルが強い組織として再び優勝を飾れるようになると確信しているよ

自分のできることを最大限に発揮しろということ。バルサからレアルに移籍したということを忘れて、自分の置かれた状況をうまく活用することが大事だ

18歳でプレッシャーに感じることはないんだよ。私はどちらかというと楽しくプレーをしていたな。その頃は幸せでしょうがなかった。プロになる目標を実現できて、ただただうれしかった。当時は、プロになるということがゴールで、その先のことなんて考えてなかったから。プロになったあとは、目の前にあることの中から、次のステップのためにベストの選択をすることを心がけていたな

彼(久保選手)は才能もあるし知識も持ち合わせているけど、まだ若いからフィジカルの強化に取り組まないといけないね。でも、それは年齢とともに作っていけばいいことで、今はとにかく楽しむことが大事。そして、レアル・マドリードでプレーするために、今ベストを尽くすべきだと思うよ

若いころから国の代表として戦う機会があると、いろんな大会を経験することができる。そうするとプロになった時にさまざまな知見が備わっていて役に立つことになるんだ。そもそもサッカー選手はキャリアが短いから、若いうちに多くを経験することは大事なことなんだよ。私は18歳でプロになって、36歳までプレーして引退したけど、若い頃の経験はすごく役に立った。あと、選手は若いうちにキャリアを始めて、できるだけ長くプレーするのがいいと思うよ。だって、やめたらもう戻れないのだから

バルセロナでもレアル・マドリーでも、一番印象に残ったのはロナウドだった。特に怪我が少なかったバルセロナ時代には、彼のすべてを発揮できていた。彼は特別だったね

ビッグクラブに入る時には、競争力を上げていかなくてはいけません。常に練習して働かなくては目的を達成することはできません。人格、プレッシャーに押し潰されない心構えも大切です。もちろん、最も重要なのはプレーのクオリティの高さですが

日本人選手がヨーロッパの高いレベルのリーグでプレーするというのはとても大切なことです。久保(建英)選手ら若い選手たちは、世界的な高いレベルの選手たちに交じってプレーすることで個々の成長へとつなげることができますし、そこでの経験を日本代表に戻った時に、チームに還元することができ、役立てることができると思います。

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「僕にはサッカーの才能はないが努力を続ける才能は誰にも負けたくない」長友佑都

長友 佑都は、愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。スュペル・リグ・ガラタサライSK所属。ポジションはDF、MF。日本代表。 2011年から2018年までイタリアの名門クラブであるインテル・ミラノに所属 …

「チャンスなら逃すな」フランキー

そこにいるだけで罪になるなんて事はねェ!! 存在することは罪にはならねェ!!!! お前らの乗ってきたG・メリー号にできて この船にできねェ事は何一つない!!全てにおいて上回る!!だが!!あの船の勇敢な …

「この世界では自らの力で勝ち取る以外にない」パオロ・マルディーニ

パオロ・チェーザレ・マルディーニは、イタリア・ロンバルディア州ミラノ出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。元イタリア代表選手。セリエAのACミランに所属していた。 史上最高の左サイドバック …

「自分を甘やかすな。近道をしないで大切な事を一つ一つやっていこう」ランディ・ジョンソン

ランドール・デビッド・ジョンソンは、アメリカ合衆国カリフォルニア州コントラコスタ郡ウォールナットクリーク出身の元プロ野球選手。左投右打。 左腕歴代最多となるサイ・ヤング賞5度受賞、歴代2位の通算487 …

言葉と人生 木下優樹菜

木下優樹菜 木下優樹菜 ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。 生年月日: 1987年12月 …

Translate »