「人生は後悔で満ちている。でも振り返っても何もならない。」ジネディーヌ・ジダン | 言葉と人生

偉人の名言

「人生は後悔で満ちている。でも振り返っても何もならない。」ジネディーヌ・ジダン

ジネディーヌ・ヤジッド・ジダンは、フランス・マルセイユ生まれの元サッカー選手。現サッカー指導者。愛称はジズー 。選手としては、1989年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割だった。現在はプリメーラ・ディビシオンのレアル・マドリード監督を務めている。 生年月日: 1972年6月23日

名言

サッカーは、何が起こるか分からないとき、最も美しい。

監督にとって最も難しい仕事は、“選択する”ことだ。7人をベンチに、3、4人を家に置く必要がある。

34歳の現役引退最後のシーズンは、「学び」を求めた。一人ひとりの持ち場で、もし学びたければ、謙虚であれ。全てを知っていると思っている人は、そこで終わりだ。

「選手よりも価値のある存在だ」と、信じ込む監督がいる。それが起こったとき、すぐに解決するべき深刻な問題だ

良いチームは、3失点しても、4点決める自信がある。だからレアル・マドリードは偉大なんだ。

優れた選手だったことは、良い監督になる保証にはならない。役には立つかもしれない。その程度のものさ

君が世界中が望む素質を持っていたとしても、運に見放され、その道中に手助けしてくれる人々が周りにいなければ、才能は無意味となる。

才能に溢れている選手やベテラン選手と仕事をするとき、最も重要なのは常に落ち着きを保つこと。現役時代、それが必要だった。そして監督としても、その観点からアプローチをするように心がけている。

相手が誰であろうと、いつも選手へ伝えた私のサッカー哲学を、忠実に辿ってきた。

戦術的に最も優秀な監督ではないが、私は違うものをもっている。それは希望と情熱であり、その価値のほうが遥かに高い。

重要なことは希望と献身を示し、意欲的に日々取り組むこと。それをすれば、失敗など存在しない。

サッカーは、ときどき理解できない。

困難な状況に陥ったときが、好きだ。人生とはそういうものだからね。

プレーヤーとして成功を収めるためには、ベストのタイミングでベストの場所にいる、このチャンスをつかむ必要がある。

みんな何でも言いたいことを言い合う。それがいいんだ。それが集団を一つにする。

時に、殴られることよりも言葉の方が辛いことがある。

若い選手の中には、どれだけうまくなるかよりも、どれだけ稼げるかを重視する選手もいるようだし、地道なステップを踏まずに楽をしたがる若手もいる。そういう選手は20歳そこそこで『自分は既にビッグクラブでやれる力がある』と思いこんでしまい、結果的にベンチが定位置という状態に陥ってしまう。そういった選手を何人も見てきたよ。その年代で一番大切なことは、実戦の場で少しでも多くプレーすることなのにね。

全ての試合を思いっきり戦うために毎日みっちり練習する必要があるんだ。

たとえ所属がどれほどのビッグクラブであろうと、ベンチで時を過ごせば実力は落ちていくばかりだ。僕は22歳の時にフランス代表でデビューし、24歳でトリノに渡り、 29歳でマドリーと契約した。通過すべきステップを省略しようと考えたことはない

常にサッカーをする上で考えたのは昨日の自分を越えることだけだった

人生は後悔で満ちている。でも振り返っても何もならない。

僕の役割は、いつもボールに触っていることだ。ピッチの真ん中が一番多いけど、ボールがあるところ僕がいて、ボールを奪い、パスして、シュートまでもっていく。こいつはけっこう大変なことさ

プレーヤーとして成功を収めるためには、ベストのタイミングでベストの場所にいる、このチャンスをつかむ必要がある

いつか皆さんもジダンを忘れる日が来るでしょう。その時こそ、また素晴らしいサッカーの歴史が始まる時だと思います

足の間にボールを置いたら後は自分でも何をするかわからない

ボールと一体になって、自由なフィーリングを楽しむのは最高だ

僕の根っこはあそこにあるんだ。マルセイユのことを考えると、僕には太陽が、海が、仲間が、街角が見える。

僕は試合のことしか考えない。今も将来も、まず大事なことは自分のプレーだ。敵と戦っていても僕には相手のことは重要じゃない。自分の内側にある力を大事にしなくては。そうすれば、誰も僕を打ち負かすことはできないんだ。

相手チームのことはまるで気にならない。自分のことと10人の仲間のことしか考えない。ゲームのこと、そして自分たちのこと。僕らの力は僕ら自身にあるんだから。

フェイントは相手を抜くためじゃない。ゴールまでの選択肢を増やすためだ

背中にはいつも敵がいる。今に始まったことじゃない。2年前から僕はマークされている。そいつはしんどいことだけど、逆らうわけにもいかないさ。

絶対的な才能はいつの時代でも必要だ。何かを創り出す力があると信じている

いつまでの試合が終わらず、このままプレーしたいと思うときがある

イタリアだけが、ロベルト・バッジョをナンバーワンだと認めなかった

食事の時間はとても大切だ。他のどんなことよりもお互いがわかりあえるから。

別に何かのおまじないじゃない。ピッチを初めて踏む時、僕はいつも妻のことを考える、ただそれだけさ。

プライドのあるチームはプライドのないチームより良いプレーをする

一番大切なのは、他人を尊重すること。子供の頃、父から『他人を敬え』といつも言われてきた。いまでも僕はそれを信じているし、子供たちにもそうしてもらいたい。きょうまでずっと僕は、この掟を守るために行動してきたんだ。仲間とサッカーをしている時もね。たとえば、僕は決して大声を上げない。興奮もしない。それが自分の大きな助けになってきた。

何回賞を取ったかは関係ない、賞はいつでも特別なんだよ。

私はかつてサッカーをする靴が無くて泣いたことがあるが、ある日、足が無い男性に出会った。

成功の可能性は0%だと言われて、諦める事ができるような、そんな軽い気持ちで夢を追いかけたわけじゃない

このチームを見てくれ。これだけ化け物みたいな選手たちを抱えていたら、CL連覇は簡単なことなんだ。

本当の勝敗というのは、試合の直後ではなく、その後の人生で決まるのではないでしょうか。

我々が人々にもたらすことのできる喜びを決して忘れるべきではない。
そうできたとき、サッカーは僕らに幸福をもたらす。これは交換なんだ。僕らは与え、与えられる。

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「出会いのアンテナは常に広く持っていたい」 松坂桃李

https://sayariyo.work 松坂 桃李は、日本の俳優、モデル。左利き。 神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。 生年月日: 1988年10月17日 名言 全くやったことがないことへの …

言葉と人生 山本KID徳郁

KID 山本KID徳郁 山本“KID”徳郁は、日本の男性総合格闘家。神奈川県川崎市出身。戸籍名:岡部 徳郁。学歴は桐蔭学園高校中退〜アメリカ留学〜山梨学院大学中退。血液型B型。KRAZY BEE主宰。 …

言葉と人生 松岡昌宏

松岡昌宏 松岡昌宏 松岡 昌宏は、日本のミュージシャン、ドラマー、俳優、タレントであり、バンド形態のアイドルグループ・TOKIOのメンバー。北海道札幌市出身。ジャニーズ事務所所属。所属レコード会社はジ …

言葉と人生 大泉洋

大泉洋 大泉洋 大泉 洋は、日本の俳優、タレント、声優、作家、歌手。CREATIVE OFFICE CUE、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒 …

言葉と人生 蝶野正洋

蝶野正洋 黒のカリスマ 日本のプロレスラー。1984年にデビュー以降、武藤敬司、橋本真也と並ぶ、「闘魂三銃士」として活躍し、現役を貫く傍ら、アパレルブランド「アリストトリスト」の代表取締役も務める。 …

Translate »