スポーツ, プロレス, 国内, 蝶野正洋 | 言葉と人生

偉人の名言

言葉と人生 蝶野正洋

蝶野正洋

黒のカリスマ

日本のプロレスラー。1984年にデビュー以降、武藤敬司、橋本真也と並ぶ、「闘魂三銃士」として活躍し、現役を貫く傍ら、アパレルブランド「アリストトリスト」の代表取締役も務める。

名言

プロレスと人生とは痛みである

今の20歳はぬるい。
20歳になったら親から離れて独立しろ。扶養家族として親の保護下にあるうちは、
本当の自由はない。自由を勝ち取るためには、
まず家を出るべき。自分の力だけで暮らしてみれば、
親のありがたみもわかるはず。掃除や洗濯、光熱費や家賃を払うのが
どれだけ大変なのか。自由な空間、時間を権利として
手に入れたいと思うなら、
自分の生活に対して責任を持て。

日本を支えているのは
職人的な仕事をしている人たちだとオレは思う。だからこそ、職人芸にプライドを持って
しっかり仕事をしろと言いたい。ドライバーなら道を全部知っているか、
建築に携わる人は、
モノをつくるこだわりを持っているか。今の日本がガタついてるのは、
自分の仕事に対するこだわりが
薄れているからじゃないか。

社会に出たら、学歴だの何だのと、
くだらないルールは
あたりまえのようにある。それを打ち破るものは、
結局仕事での実力しかない。

最初は、極端な話、マットしか見えていません。
とにかくリングに上がって、その試合に向けて練習してきたことがどれだけ出せるか。
テストみたいなもんです。それが慣れてくると、相手が見える。
そして少し目線が上がると、
今度は相手の後ろにいるお客さんが見えるようになるんです。

ロングインタビュー

人生=ストレスの経験

結局、プロレスも人生も同じなんじゃないかなって感じる。両方とも、痛みに耐えるところから始まるものだと思うんだよ。プロレスラーは職業の苦しみが、「痛み」という具体的な体感で現れてくるもの。俺たちは、日々、そういう戦いによって、この仕事の難しさと面白さを会得していくんだ。でも、人生だって、プロレスに負けない痛みの連続だろう? 精神的な痛みである「ストレス」はもちろんのこと、未来への不安である「プレッシャー」だってある。だからこそ俺は、「人生=ストレスの経験」と捉えている。そして思うんだよ。あなたや俺が、ここまで生きてこれたのは、それに打ち勝ってきたからだと。その積み重ねで、自然と自分の力って、ついていくものなんじゃないかな?

落ちこぼれだった

1984年に新日本プロレスに入門した俺も、最初は典型的な落ちこぼれだった。まず、デビューするまでの筋肉トレーニングで根をあげたよ。入門前に自己流でやっていた練習法とは、全然違ったからね。スクワットは、ずっと深く腰を落として膝を屈伸させるし、腕立て伏せも、何十種類もやり方があって、それを繰り返しやらされる。挙句の果てに、腹筋なんて、腹の上からボールを落とされるんだ。入門1週間で、体重がガクッと落ちたのを覚えてるよ。同期の橋本真也選手や武藤さんは柔道の黒帯で格闘技の基礎があったはずだけど、それでもこの基礎練習では悲鳴をあげていたくらいだったからね。 しかも最初は、練習よりも雑用の方が多い。米の炊き方、洗濯の仕方……家じゃ親任せにしていたことを叩きこまれて、ついでに先輩に叱られる。正直いえば、「こんな炊事・洗濯を憶えるためにプロレスの世界に入ったわけじゃない」って、いつもぼやいてた。それで、ようやくデビューできたとしても、今度は試合の仕方が分からない。プロレスの試合を具体的に教えてくれる先輩なんていない。理由は簡単で、リングに上がれば、みんなライバルになるからだ。クロネコさん(ブラック・キャット)というメキシコ出身のレスラーが、ちょっとだけ試合の組み立て方を教えてくれたことがあったけど、後でそのクロネコさんが上の選手からひどく怒られていたくらいだから。

出世したら楽になる?

でも、この辺りは、会社員の人たちも同じなんじゃないかな? 会社だって、まず初志があって入社しているはず。「俺はこの会社でこういう仕事をやりたい」「この会社でこの夢を実現させるんだ」とかね。でも、そのためのイロハが最初は分からない。必要なデータをどこから持ってくるのか、誰がそのデータを持っているのか、それらはどうやって尋ねたらいいのかなどは、みだりに教えてくれるものでもない。先輩も自分たちの仕事があって忙しいから、ずっと指導ばかりはしていられないと思うんだ。

そんなことがあって、俺は新人の頃「出世したら楽になれるだろう」って考えてた。ところが、それこそが大きな間違いだったんだ(苦笑)。10年くらい経ってトップに上がったら、下から追いかけられて、そのプレッシャーがまたすごいんだ。上にいけばいくほど、審判を受けているような気分にされるもの。気持ちは落ち着かないし、体はあちこち痛い。 そして、ようやく気づくんだよ。そうやって、つらい経験や痛みを感じることが生きている証であり、自分がここに存在していることの証明だって。同時に、痛みを重ねながら、自分が勇敢になっていたことにもね。まさに、積み重ねた痛みが、自分を強くしていくんだ。それを忘れなければ、人生って前向きな気持ちで、乗り切れるんじゃないかなって思う。

「人生=ストレスの経験」と捉えられたのは、俺自身がアパレルの仕事を始めたのも大きいよ。1997年に、俺が所属した「nWo」Tシャツの大ブームがあったのを記憶してる人もいるかも知れない。そのTシャツなんだけど、あの頃の新日本の会場で 約20万枚、新日本の会場以外のセレクトショップで約 20万枚、合計約40万枚も売れたらしいんだ。でも、デザインの商標権はアメリカで、販売権が新日本プロレス。バカ売れしても、俺のところには一円もお金が入らなかったんだよ。

後から聞いたことだから気にもならなかったけど、このことがきっかけとなって、Tシャツやグッズがビジネスになることがわかったんだな。ちょうど家内のマルティナが、俺のリングコスチュームを仕立ててくれていたりしたから、サイドビジネスとしてこちらの方向に向かうのは、自然な流れだったのかも知れない。 

2000年に設立した俺独自のアパレル会社「アリストトリスト」では、企画やデザインはもちろん、個人の肖像権管理、ブランドの商標管理も始めたんだ。この頃は、新日本プロレスですら商標登録管理に無頓着だったし、ウチと猪木事務所くらいしかそういうことができていない時代だった。このことで、他に先んじることができたのかと言ったら、とんでもない。

前向きに捉えること

俺はアパレルの世界では、ただの初心者。失敗ばかりだった。そこから16年経った今でも、ひよっこそのものだよ。本当に苦労してる人に比べたら、俺なんてハナクソみたいな存在。経営の苦しみは毎月やってくるし、月々の支払いでいつも頭を痛めている。何ヶ月先のことなんて、なかなか見えない。でも、商売をやっている人は、みんなそうだと思う。

最初は深刻に感じたこともあった。だけど、別に夜も眠れなくて体調崩して……とか、そういうことはなかった。なぜかっていうと、もうその時点では、つらい経験や痛みを前向きなものとして捉えられるようになっていたんだね。そう、プロレスラーとして積み重ねてきた気持ちが幸いしたんだ。これを乗り切れば、また新しい強さを手に入れられるはずだって。

全ては自分の未来につながる

とはいえ、俺はそのプロレスを辞めようと思ったことが2回ある。一つは1998年、首に大きな怪我をした時。これは身体面だね。もう1つは、1988年、アメリカのカンザス州で、レスラー修行をしていた時だ。その頃はまだ、レスラーとしての試合内容も下手くそだし、お客を呼べるほどのものじゃない。不人気のプロモーションながら、一応プロモーターは小切手をくれるんだけど、銀行に持ってったら、換金出来なかったり。不渡りの小切手だったんだ。そんなことが日常茶飯事だったよ。周りに日本人レスラーもいない。そうなると、命綱は微々たる貯金。週に使える金は50ドルくらいで、とにかく、いかに飯を食うかで必死だった。炊飯器を買ってコメを炊く。とにかく外食は控え、自炊。たまに5ドルくらいで買える鶏肉のでかいのをスーパーで調達して、それで何日も持たせてた。同時期、カナダのカルガリーに遠征中だった橋本選手なんて、金が底をついて、スズメを罠にかけて、飢えをしのいでいたらしいよ。外国という見知らぬ土地で金が尽きる恐さは、たまらないものがある。所属してる新日本プロレスからは放し飼いの状態だし、困っても頼るツテもない。しかも自分のレスラーの腕に自信もない。「辞めるしかないのか……」そう思ったよ。プロレスを廃業し、日本レストランかどこかに行くしかないのかって。「食えないなら辞める」。その考えしかなかった。 結局、どん底のカンザスで、諦めずに続けて、何とか生き延びて今がある。そうすると、辛い時思い出すのは、ここ時期のことだよね。「あの時と比べれば今はマシじゃないか」「あの時、なんとか乗り切れたじゃないか」って。意外とそういう、最悪な経験が、後に自分を勇気づけてくれるんだ。あなたが今どんなに辛い環境や、ヘビーな悩みや心配を抱えていても、大丈夫だよ。その経験や体験は、確実に自分の未来につながっているからね。そのことを忘れないでほしい。

-偉人の名言
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉と人生 大杉漣

大杉漣 大杉漣 大杉 漣は、日本の俳優、タレント。本名は大杉 孝。徳島県小松島市出身。明治大学中退。身長178cm、体重72kg。血液型はB型。ザッコ所属。長男は写真家の大杉隼平。異名は「300の顔を …

言葉と人生 川口春奈

川口春奈 川口春奈 川口 春奈は、日本の女優、ファッションモデル。愛称は「ハルル」。長崎県出身。研音所属。 生年月日: 1995年2月10日 名言 目標を定め、夢に向かって走る姿って何よりもかっこよく …

言葉と人生 野村克也

野村克也 野村克也 野村 克也は、京都府竹野郡網野町出身の元プロ野球選手・コーチ・監督。 南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任し、現在は野球解説者・野球評論家・タレント。日本体育大学客員教授も …

言葉と人生 竹花貴騎

竹花貴騎 成功したら幸せになるんじゃなくて、幸せになるから成功する 感動 まずは与えることから 今日くらいは、なんてない。彼ら(ビルゲイツ.マイケルジョーダン)の足元には及ばない。勝っているものはまだ …

言葉と人生 松岡茉優

松岡茉優 松岡茉優 松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 – )は、 日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属 名言 夢をたくさん持てば持つほど、仮に一 …

Translate »