渡辺麻友、AKB | 言葉と人生

偉人の名言

絶対に頑張った分、いいことが待っている 渡辺麻友

言葉と人生

名言

私は3期生で、
1期生、2期生の先輩が

苦しい時代を
乗り越えてきた過程を

側で一緒に見てきました。

その、いわゆる

下積みの大変さを
経験しているのと、

経験していないのでは
全然違うと思うんです。

もともと諦めて中途半端に
投げ出すことが好きではない性格。

最後までやり遂げたいですし、
諦めないで乗り越えた先には、

絶対に頑張った分、
いいことが待っていると思います。

たとえそれがすぐではなくても、

いつか絶対に報われる時が
くると信じてやり抜きたいです。

私の性格上、あまり考え過ぎると成功しないので、力を抜きつつ良いバランスで演じられたら

卒業してからの半年間は、自分自身を理解しようと向き合う日々でした

“アイドルまゆゆ”という面も決して作っていたわけではなく一つの自分ですが、それ以外の自分も、もちろんいます。とても混とんとしている人間なんだなというのが正直なところ

結構複雑な感情や、これまでのいろいろな経験で得たものは自分のなかに備わっていると思っているんです。ただそれは薄っぺらく、持ち合わせているものさえもうまく芝居に活かすことができずにもどかしいです

どんなに辛くても私は、この世界に入りたくて入ったので、仕事が大変だからって挫折するわけにはいかない。

13歳からAKB48にいました。

自分が人間として
成長するためには

ここを出なければ
いけないんじゃないかなと
思いました。

でも、

10年間続けてきたものを
簡単にやめる決断は

なかなかできるものでは
ありませんでした。

大きな決断でした。

3年前、総選挙で1位になること
ができましたが、

それ以降、AKB48で

「それ以上」にはなれないなと
感じていました。

次の道に進んだほうが
自分のためになるのかなって。

まわりに流されることなく、

自分をしっかり
持ち続けてほしいな。

自分を守るものは
自分しかいません。

まだまだ自分の可能性を
信じていて、

「もっとできる!」という

言葉を常に自分自身に
投げ掛けるというか。

やるからには、
やれるところまで

とことんやりたい。

基本的に、私は頑張るのが
好きなタイプの人間で、

諦めたり、
途中で投げ出したりとか、

中途半端が嫌い。

完璧主義者で、
結構ストイックなんですよ。

疲れたり、悩んだりして

立ち止まっても
何も始まらないし、

クヨクヨしても明日は来るから、

そういう時間はすごい
無駄だなって思うんです。

悩む暇があったら
気持ちを切り替え、

常にポジティブに、
どんどん前に進んでいきたい。

私は昔から、
正統派アイドル路線を貫いて

AKB48の中でも
活動してきました。

それは、
私がどのメンバーにも

負けないところでは
ないかなと思っています。

完璧なアイドルを
目指すというよりは、

人として真っ当に
生きようとしていただけ。

AKB48の中にいると、
色んなことが起きるので、

その度にいちいち心を
動かしていたら、

自分の体一つじゃ保たない。

常に冷静で
いられるようになりました。

私は、本当に辞めたいとなった時には、「今だ」というタイミングがフッと降りてくると思うんです。踏ん切りがつくときが、自然に来る。

卒業した直後は、AKB48じゃない生活に慣れるのにすごく苦労しました。不規則で忙しいAKB48時代の生活リズムを11年間も続けてきたので、そうではない生活の過ごし方が分からなくて。今も慣れたわけではないんですけどね

外に出て思うのは、AKB48って居心地がよかったんだな、と。居心地がよかったからこそ、11年も続けられたんだと思います。今まで当たり前に周りにいたメンバー、スタッフさんが、卒業してからぱったりといなくなってしまって。喪失感というか、寂しさは感じています。

自分自身では、「アイドルサイボーグ」を目指そうという意識でやっていたわけではないんです……。完璧なアイドルを目指すというよりは、人として真っ当に生きようとしていただけ。たまたまAKB48という枠にいたから、「アイドルサイボーグ」のように見えたんだと思います。

私は不器用で、凝ったやり方はできなくて、地道にコツコツ頑張ることしかできません。総選挙でいい順位をいただけたのは、折れることなくその生き方を貫き通した私を見ていてくれた人が、きっと沢山いてくださったんだと思います。

忍耐力というか、瞬発力は鍛えられました。AKB48って、前もって準備しない……というのも言い方が悪いですけど、色々なものが急に決まるんです。「ハイ、コレやろう、次はコレ」という風に。それに瞬時に対応できないとAKB48としてやっていけないなって思います。

 失ったのは豊かな心。こんなこと書けないかな(笑)。あの中にいると、色んなことが起きるので、そのたびにいちいち心を動かしていたら、自分の体ひとつじゃ保たないなって思ったんです。だから、10代の時に心を無くす決断をしてしまいました。そこから感情が動かなくなったというか、常に冷静でいられるようになりました。メンバーが卒業する時でも、私はあんまり泣かないタイプです。

今は失った心を取り戻そうとしているんですけど……何年もこのスタイルでやってきたから、なかなか上手くいかないです。悲しいです。

恋愛禁止は、全然平気でした! 高校の時はアニメにハマっていて、デートしたいとか、あの男の子が好きとかいう感情が全くなくて。20歳を過ぎてからは、流石に恋愛みたいなことを考えたりもしたんですが、仕事でいっぱいいっぱいで、実際に恋愛をする余裕はなかったです。

好きな男性のタイプは、優しいとか、身長が高いとか、色々ありますけど、一番重要なのはゴキブリ退治できるかどうか(笑)。私がめちゃくちゃ虫嫌いなので、ゴキブリ退治して頂ける方だとありがたいです。あとはあんまり飾っていない人。素朴な、ありのままの姿でいる方が好きです。

渡辺麻友をご存知ですか? 卒業してひとりでやっていきますので、気にかけて下さったら嬉しいです。

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「成功は『退屈で古臭い習慣』によるもの」レイ・アレン

ウォルター・レイ・アレン・ジュニアはカリフォルニア州マーセド出身の元バスケットボール選手。NBAのミルウォーキー・バックス、シアトル・スーパーソニックス、ボストン・セルティックス、マイアミ・ヒートで活 …

言葉と人生 紗栄子

紗栄子 紗栄子 紗栄子は、日本のタレント、モデル。宮崎県出身。日向学院中学校卒業。堀越高等学校卒業。早稲田大学人間科学部通信教育課程中退。血液型はO型。エイベックス・マネジメント所属。 芸名はデビュー …

「違いがあってもお互いを受け入れる」ドログバ

ディディエ・イヴ・ドログバ・テビリーは、コートジボワール・アビジャン出身の元サッカー選手。元コートジボワール代表。ポジションはフォワード。愛称はティト。 2度のアフリカ年間最優秀選手、2度のプレミアリ …

言葉と人生 本田宗一郎

本田宗一郎 本田宗一郎 本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 – 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工 …

言葉と人生 松本人志

松ちゃん 松本人志 松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 – )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダ …

Translate »