「原則を忘れてはいけない」ロベルト・カルロス | 言葉と人生

偉人の名言

「原則を忘れてはいけない」ロベルト・カルロス

ロベルト・カルロス・ダ・シウバ・ローシャは、ブラジル・サンパウロ州出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー、ミッドフィルダー。 現役時代は世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に歴代最高の左サイドバックと評される1人であり、果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手。 生年月日: 1973年4月10日

名言

サッカーで一番大事なのはゴールネットを揺らすことだ。パスを回すだけでは何の役にも立たない。サッカーというのは奥が深く、広いものだ。監督がそれらをイメージして伝えなければいけない。試合に出る喜び、勝つことの喜び。サッカーは楽しいもの。その原則を忘れてはいけない。

日本はアジアの中では屈指の強いチーム。そのアジアでの強さをW杯でも発揮しなければならない。自分は常に勝つことを目標に置いている。

すべて完璧だ。人々の生活様式を含め、日本はすべてにおいて整っており、計画性をもってやっている。また、貪欲に吸収する姿勢もある。

エトー、ホアキン…最も難しい相手はフィーゴだった。本当に迷惑な奴だった。優れたプレーヤーだったよ

僕のキャリアを特徴づけたのは、フランス戦のゴールだろうね。時々、彼らからこの得点について尋ねられたよ。ボールがあまり重くなくて、ゴールを狙ったんだ

マルセロは世界最大のクラブのリーダーだ。彼が17歳の時に、話しをした。私の後継者としてではなく、彼自身の美しいストーリーを作ったんだ

今後もしかしたらCL3連覇、またはそれ以上の偉業を成し遂げる監督が出てくるかもしれませんけどね。ただ、そういった監督が出現しない以上、ジダンは世界一の監督であり続けるでしょう。

僕らを批判してくれたすべての方々に感謝します。
あなた方の批判の声がなかったら、僕らはこの苦難を乗り切ることはできなかったでしょう。

セレソンの栄光、輝かしい歴史を引き継げるものに、このユニフォームを背負ってもらいたい。フランス戦はセレソンにおける僕の最後の試合です。

マドリーの元会長であるロレンソ・サンス氏も、新型コロナウイルスに感染し亡くなってしまった……。彼が会長の時に、私はマドリーに加入したんだ。たくさんの思い入れがあるので本当に残念だよ。とにかく今は耐えること。それしかできないし、世界中がその意識を持たないといけない

物の考え方と気高さがこのクラブ(レアル・マドリード)が他のチームと違うところさ。

ボ-ルは女性と同じなんだ。見つめ、優しく触れ、そして愛撫する。そうしないと、彼女はすぐにどこかに逃げていってしまう。

比較は嫉妬心を煽るだけ。雰囲気を悪くする

レアルはピッチ内外でとてもよく組織化されています。世界トップクラスの選手たちがそろっていますが、チームは常に団結しているのです。あとはジダンという世界最高峰の監督がいたからこそ、CL3連覇を達成できたと思います。

確かに世界一の監督と世界一の選手は去りました。しかしながら、レアルのメンタリティは変わりません。チームのモチベーションも高いですし、やるべきことは同じだと思っています。

クルトワは世界一のGKです。個人的にはケイラー・ナバス、カスパー・シュマイケル、ヤン・オブラクも世界トップレベルの守護神だと思っています。クルトワはレアルという“世界一のクラブ”にやって来ました。彼はこれから王者のメンタリティを身につけ、さらに成長していくと思います。レアルはCL、クラブワールドカップ、国王杯、ラ・リーガを何度も制したクラブです。今後さらにいい選手になることでしょう。

自分だけの問題じゃない。家族や友人、国を守るために必要な行為だ。ひとりでも多くの人の命を救うために、大切な人の命を守るためにも、『STAY HOME』は徹底するべきだね

ネイマールでも、クリスティアーノ(ロナウド)でも、(リオネル)メッシでもない。ロナウドは特別だったんだ。我々の世代では、ゴールを決めるのはより難しいことだったと思う。当時はもっとフィジカルが強かったし、アタッカーの守備も甘かったからね。だが、ロナウドは何でもできたんだ

銀河系軍団時代、僕ら7人は控室の要注意人物だった。僕らはいつも良い関係を保ったが、カマチョだけは無理で、彼は10日間しか我慢できなかった。彼は控室に来て、みんなに挨拶し、とてもシリアスな顔でレアル・マドリーの歴史を背負っていた。彼が何て言うのか僕は待ち構えた。“明日全員朝7時に来るように”と彼は言った。通常僕らは10:30に練習を開始していたから、僕らは彼と話し合い、時間を変更してもらうように言った。僕らには僕らの習慣があったから。

今考えると、どうして僕たちはあんなにバカなことをしていたんだろう?試合が終わると、プライベートジェットに乗り、バラハス空港のプライベートターミナルに降り立った。ベッカムはそれからどこかに消えて、フィーゴとジダンも何処かへ行ってしまう。ロナウドと僕もまた、、、翌々日は練習に戻らなくてはならないのに。僕はF1を見に行くために試合が土曜になりますようにと祈っていた。どこに行くのにもプライベートジェット

僕は彼(ロナウド)が信じられないほど素晴らしい選手だとわかっていたけど、マドリードの人はそうじゃなかった。だが、衝撃を与えたんだ。8万人の観衆が、彼に熱狂したのをよく覚えているよ

いい選手を連れてくるだけでは不十分。それらの選手を通して、どう感じるかが大事だ。対戦することでサッカーの技術を感じる。そしてフィジカルを上げていかなければと感じる。そういう刺激を受けることが大事なんだ。

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「イメージはまわりが決めるもの。自分はまったく気にしていません」田中みな実

https://sayariyo.work 田中 みな実は、日本のフリーアナウンサー。元TBSテレビアナウンサー。 生年月日: 1986年11月23日 名言 イメージはまわりが決めるもの。自分はまった …

「屈することはない。必ず立ち上がる」セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモス・ガルシアは、スペイン・セビリア出身のサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・マドリード所属。スペイン代表。ポジションはディフェンダー。 セビージャの下部組織出身。19歳で移籍したレアル・マ …

言葉と人生 ラファエル

Raphael ラファエル 名言 常に成長できるよう努力していく。 逆境を乗り越える手段は、必ず存在する。 生まれ変わっても自分になりたい 自分がやって無理なら誰がやっても無理と思えるくらい、努力する …

「若い選手にチャンスを与えるべき」ヤオミン

明は、中国のプロバスケットボール選手。北米男子プロバスケットリーグNBAのヒューストン・ロケッツで活躍した。ポジションはセンター。背番号は11番。身長229cm、体重141kg。大男たちの集まるNBA …

言葉と人生 滝沢カレン

滝沢カレン 滝沢カレン 滝沢 カレンは、日本のファッションモデル、タレント、女優。 東京都出身。スターダストプロモーション所属。『ミスセブンティーン2008』グランプリ。ファッション雑誌『JJ』元専属 …

Translate »