モチベーションは捨てろ | 言葉と人生

スピーチ 偉人の名言

モチベーションは捨てろ

竹花貴騎

元Google出身者 23歳で東証一部上場グループ海外拠点の最年少COOとして東南アジアを中心に世界で活躍した後、リクルートホールディングス戦略室にて勤務。2017年にSNS分析及びSNSマーケティング会社Limを設立し完全独立。設立3年ですでにライザップやソフトバンクなどの大手を始め13,000社の集客実績を叩き出す。マーケティングが主事業の同社は自社集客ノウハウの強みを活かし国内国外合わせ数十店舗を展開。現在5社をホールディングス化し幅広い事業拡大を国内で行いつつ、2018中旬にアジア展開のため本社機能を香港に移転し現在世界5カ国に事業を展開。

感銘を受けました。言葉の重みが違う。このスピーチは今の若者、いや今を生きる全ての世代が聞くべきだと思ったので文字起こしさせて頂きました。

モチベーションを捨てろと説かれたのですが完全に、、、モチベーション上がってしまう内容でした。ご紹介させていただきます。素敵なスピーチをありがとうございます。

スピーチ

伝説のスピーチ

Life is mine Lim

僕はLimの創設者なんですけれども

言葉の通り

「人生は俺のだ」

これを言える人っていうのは実は

すごく根性が座っている人

なんですね

僕自身も大手企業にいた時とかは

「株式会社〇〇の竹花です」って言えば

大抵の人は尻尾振って会いに来てくれた

24の時に企業してその瞬間に

「竹花貴騎」ですって言っても

「なんやこの若造が」って

誰も会ってくれなかった

その時初めて、

「今まで俺って自分の名前で生きたことなかったんだな」

って気づいて

情けないと思ったし、 ぶっちゃけ すごく焦りましたよ

実はこの社会ではね

自分の名前で生きている人間や生きれる人間

っていうのは凄く少ないんですよ。

会社が社会保障くれて

さらには教育までもくれると

自分自身もそう思っていたので

どれだけ自分の人生を他人任せにしてきたのか

っていうのを初めて気づきましたし甘ったれていたなと凄く思います

今日は大学生も多いと思いますから

一言言わせていただくと

これからは

「多様性な時代」

です

SNSで色んな情報を取得して

色々な考え方価値観

言ってしまえば

生き方とかライフスタイル

もっともっと今よりでてきますよ。

結構面白そうな未来があるんですよ。

だから就活とかリクルートスーツとか

意味のわからない制度なんて放っておけばいい

従うことはない

焦ることもない

焦って会社の大きさだけで

「この会社は安定だから」とか

偽物の安定を

人生のゴールに置く必要はない

人生ってのはマラソンと同じで

目先の50m走で一等賞じゃなくていい

大企業にいこうとしないで

未来の大企業に行ったほうがいいんですよ。

これは僕自身がそうすればよかったなという

体験談であり失敗談

環境設定

未来の大企業にいくと確かに

めちゃめちゃ行動力があって

めちゃめちゃ頭良くて

そういう奴ゴロゴロいるんですよ

毎日毎日なんでそんなに働けるんだ

なんでそんなに成長早いんだ

と。

そうするとだんだん自分が情けなく見えてきたり

自分が惨めに見えてくるんだ。

大体の奴はそこで逃げてしまう

ただね、その環境っていうのは

めちゃめちゃ重要で貴重で本当に大切

一回でもその環境から逃げると
もう逃げ癖がつく
いつも言い訳をしてやらない理由を探す人間になる
心地良い環境をつくろうとする

別に大手企業がダメとか

会社勤めがダメとかそういうことじゃなくて

自分の人生を他人に任せられる甘える環境がだめなんだ

僕自身も中学校のころはサッカー部で

サッカーのゴールを倉庫からグラウンドに運ばなきゃいけなかったんですけど

大勢でやるときは僕も持ったふりをして力を入れてなかったです

他にもそういう奴はいっぱいいた

ただ4人で運ぶときでも四つ角を持てば

なんだかんだ重いけど運べるんだ

人間っていうのは環境に染まるんですなにかやってくれる人がいると、とことん甘える

でも

周りに誰もいないと
なんだかんだ自分でやる
そのスタンスっていうのは成長に必ずでます

主体性 当事者意識

僕が経営者として数百人見てきた中でやっぱり

給料をもらって働く人と、

働いて給料をもらう人には大きな違いがあります

主体性 

です。そして

当事者意識

今日ここにいる1000名以上の方には意識してほしいことがあります

僕自身ほとんど海外で過ごしてますし

何社も海外にあるのでだからこそ

日本は豊かな国だとか

俺は大丈夫だとか

毎日バカみたいなお笑い番組みてる間に

グローバル化によって

質のいい外国人がどんどん入ってきます

仕事は奪われます

AIによっても奪われます

つい最近も、言ってしまいますが弊社もコールセンターの外注を9割カットしました。そしてAIチャットに切り替えました

確かに9割の人は仕事を失いました

ただそれがビジネスの世界です

結局は替えのきかない人間が生き残っていく世界なんですよ

今、目をつむって素直に自分に聞いてみて下さい

俺は替えがきく人間なのかと

それがもしyesなのであれば行動が必要です

人生のゴール

僕はご存じの通り自己啓発とかモチベーションとかめちゃめちゃ嫌いです

気持ちなんて待ってちゃだめですよ

あいつ(気持ち)は絶対に来ないです

毎日気持ちとの戦いですよ。他人なんてどうでもいい。

僕も今日みたいな寒い日の朝は「まだ寝ていたい」っていう身体を脳みそが胸ぐら掴んでベットから叩き起こす戦いから始まります。

自分との戦いから始まりますよ

先ほどマラソンと言いましたが人生は本当に一人マラソンです

誰も他の人のマラソンを走れないだから必ず一番になれる。

ただそれには条件があります。

ゴールがないと一番になれません。

ゴールはどこなんですか、何をしたいんですか

これが答えられない人生っていうのは
進んでるんじゃなく走ってるのではなく
たださ迷ってるんです

さまよってる人はいつもやれることが少ない人

やれることの少ない人は、やれそうだと思える事も少ない

だからゴールとか夢もない

だからまずは地に足をついて、学んで、目の前のやれることを増やしていってください

それがMUPで目指すところです

以上です。最近1番くらいました。

明日の活力になると思います。

-スピーチ, 偉人の名言
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「頑張れることがあるのがうれしい」川崎宗則

川﨑 宗則は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手、コーチ。右投左打。栃木ゴールデンブレーブス所属。 2016年のシカゴ・カブス時代にMLBチャンピオンリングを獲得している。 生年月日: 1981年6月3 …

「自信がないから常に全力を意識した」黒田博樹

黒田 博樹は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手。右投右打。野球解説者。 元メジャーリーガーで、現役時代にはNPBの広島東洋カープおよび、MLBのロサンゼルス・ドジャースやニューヨーク・ヤンキースで活躍 …

8割の力加減で、周りを生かすとうまくいく ヒロミ

https://sayariyo.work ヒロミは日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家、レーサー、トライアスロン競技者、YouTuber。株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長 …

言葉と人生 野村克也

野村克也 野村克也 野村 克也は、京都府竹野郡網野町出身の元プロ野球選手・コーチ・監督。 南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任し、現在は野球解説者・野球評論家・タレント。日本体育大学客員教授も …

言葉と人生 木梨憲武

木梨憲武 木梨憲武 木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年3月9日 – ) は、日本のお笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、声優である。お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は石橋 …

Translate »