「敵は本能寺にあり」明智光秀 | 言葉と人生

偉人の名言

「敵は本能寺にあり」明智光秀

明智 光秀は、戦国時代から安土桃山時代にかけての日本の武将・大名。明智十兵衛とも。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。

名言

自分は他の誰でもない煕子殿を妻にと決めている。

あの人物は俺の重臣だが、昔父の領内で農夫をしていた。それを父が登用してまず足軽にした。おそらく、あの時の恩を忘れず、農民だった初心で父の霊を弔っているのだ。武士はすべてああありたい。笑うお前達は馬鹿だ

瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだし そのうえ莫大な人数を預けられた。一族家臣は子孫に至るまで 信長様への御奉公を忘れてはならない。

仏のうそは方便という。
武士のうそは武略という。
土民百姓はかわゆきことなり。

瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだしそのうえ莫大な人数を預けられた。
一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない。

たとえ織田信長は討ったとしても、道理にかなっているか否かを責められる理由はない。
織田信長も私も等しく武士の家系であり、敬うのはただ一方の他ない。
その根本的な道徳は私の心の中にある。それを知るものはやがて知るだろう。
とはいえ五十五年の夢も醒めてみれば、私も世間の様々な評判に洩れるものではなかった。
しかしその世間の評判をなす者もまた一つの根源に帰らなければならないだろう。

時(土岐)は今
雨が下しる(天が下知る)
五月哉

敵は本能寺にあり

順逆二門に無し
大道心源に徹す
五十五年の夢
覚め来れば
一元に帰す

心しらぬ
人は何とも
言はばいへ
身をも惜まじ
名をも惜まじ

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「大切なのは、年齢による経験じゃなく、自信を持てるかどうか」小野伸二

小野 伸二は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。Jリーグ・FC琉球所属。元日本代表。 FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝 …

「毎日命はって生きてるからあいつらは本当に楽しそうに笑うんだ」ウソップ

・・・・・・男にゃあ!!! どうしても・・・戦いを避けちゃならねェ 時がある・・・・・・!!! 仲間の夢を 笑われた時だ!!!!! おれは狙撃手 援護が花道 人知れず敵を撃ち抜き仲間を守る ビビ 落ち …

言葉と人生 George Washington

George Washington George Washington George Washingtonジョージ・ワシントン(1732年~1799年) アメリカの軍人、政治家。アメリカ合衆国の初代大 …

「楽しむ」ということは、人生において最も大切なことだと思う。イニエスタ

アンドレス・イニエスタ・ルハンは、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー。元スペイ …

「屈することはない。必ず立ち上がる」セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモス・ガルシアは、スペイン・セビリア出身のサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・マドリード所属。スペイン代表。ポジションはディフェンダー。 セビージャの下部組織出身。19歳で移籍したレアル・マ …

Translate »