「敵は本能寺にあり」明智光秀 | 言葉と人生

偉人の名言

「敵は本能寺にあり」明智光秀

明智 光秀は、戦国時代から安土桃山時代にかけての日本の武将・大名。明智十兵衛とも。 美濃国の明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。

名言

自分は他の誰でもない煕子殿を妻にと決めている。

あの人物は俺の重臣だが、昔父の領内で農夫をしていた。それを父が登用してまず足軽にした。おそらく、あの時の恩を忘れず、農民だった初心で父の霊を弔っているのだ。武士はすべてああありたい。笑うお前達は馬鹿だ

瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだし そのうえ莫大な人数を預けられた。一族家臣は子孫に至るまで 信長様への御奉公を忘れてはならない。

仏のうそは方便という。
武士のうそは武略という。
土民百姓はかわゆきことなり。

瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだしそのうえ莫大な人数を預けられた。
一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない。

たとえ織田信長は討ったとしても、道理にかなっているか否かを責められる理由はない。
織田信長も私も等しく武士の家系であり、敬うのはただ一方の他ない。
その根本的な道徳は私の心の中にある。それを知るものはやがて知るだろう。
とはいえ五十五年の夢も醒めてみれば、私も世間の様々な評判に洩れるものではなかった。
しかしその世間の評判をなす者もまた一つの根源に帰らなければならないだろう。

時(土岐)は今
雨が下しる(天が下知る)
五月哉

敵は本能寺にあり

順逆二門に無し
大道心源に徹す
五十五年の夢
覚め来れば
一元に帰す

心しらぬ
人は何とも
言はばいへ
身をも惜まじ
名をも惜まじ

-偉人の名言
-

関連記事

「集中力と組織力が大きく物を言う」ファビオ・カンナバーロ

ファビオ・カンナヴァーロは、イタリア・ナポリ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。中国・スーパーリーグの広州恒大の監督を務めている。元イタリア代表でもある。現役時代のポジションはディフェンダー。 イタ …

言葉と人生 上戸彩

上戸彩 上戸彩 上戸 彩は、日本の女優、歌手。東京都練馬区出身。オスカープロモーション所属。夫はEXILEのHIROで2児の母。 名言 モットーは、“考えるよりまず、目の前のことからやる!” 忙しいか …

「自分が国を背負っていると思っていたけれど実は自分が支えられていたんだ」マニー・パッキャオ

https://sayariyo.work マニー・パッキャオは、フィリピンの政治家、プロボクサー、フィリピンプロバスケットボールリーグのバスケットボール選手兼ヘッドコーチ。本名エマヌエル・ダピドゥラ …

「未来のある子供たちにデカいものを残さないと」那須川天心

那須川 天心は、日本のキックボクサー、総合格闘家、YouTuber、歌手。千葉県松戸市出身。TARGET/Cygames所属。血液型はB型。、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のス …

言葉と人生 Ernest Hemingway

Ernest Hemingway アーネスト・ヘミングウェイ(1899年~1961年) アメリカの小説家。ノーベル文学賞受賞。代表作は『日はまた昇る』『武器よさらば』『老人と海』など。 1899年7月 …

Translate »