「大事なのは挑戦すること。挑戦し、たとえ失敗しても悔いる必要はない」上原浩治 | 言葉と人生

偉人の名言

「大事なのは挑戦すること。挑戦し、たとえ失敗しても悔いる必要はない」上原浩治

上原 浩治は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手。右投右打。 現在は野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuberとして活動している。 マネジメントはスポーツバックス。 元メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった。 生年月日: 1975年4月3日

名言

僕の野球人としての武器は、自分を曲げなかったことですね

嫌なこと、苦手なことにこだわり無理を強いられていたら、どこかで自信をなくしていたかもしれない。楽しいと思えることから出発するのが、好きな自分に出会う第一歩だ

自分を引っ張ってくれる理想像を鮮明に思い描くことで、それを目指して頑張ることが出来る

どんな時でも絶対に諦めないで、立ちはだかる壁と格闘し続けなければいけないと心に決めている

人間は心底好きになったものしか、本当の意味で夢中になれない

地味な基本は見過ごされがちなもの。けれども、目に見えない土台の強さは、将来の可能性を限りなく広げてくれる

どんな仕事についている人でも、オンとオフの切り替えをするじゃないですか。僕もその必要を教えられてきました。だけど、野球が頭から完全には離れないんですよね。必ず頭の片隅に野球のことがあって

自分が好きなことを仕事にすると、無邪気には楽しめなくなるんだなということも実感しました

人は嫌なことから学べることも多い。そういう前向きな姿勢こそが、辛さに耐えて我慢が出来る“強さ”を培って行く

注目されるということは、人からいろいろ言われるということですから、両手を挙げて喜べるかというとそうでもない

「俺は何も隠さないから、見たいなら見ろ。見て感じてくれ」 という姿勢をベテランが持っていると、若手も伸びやすい

不安ですよ。不安で仕方がないですよ。だからこそ、休む勇気が必要だと思うんです

自分というものをしっかり持つ必要は自覚していました。環境に流されないよう、自分の中でバランス感覚を保たないといけないわけです

人って、結局は褒められて伸びるものなんだと思います。褒められると素直に嬉しいし、やっていてよかったと思える

試合で勝ったときの気持ちは、野球をしている人じゃないとわからないかもしれませんね。一つ勝ち星がつく嬉しさは言葉では言い表せませんから

勝負において、闘う敵は対戦者だけとは限らない。絶対に負けてはならない敵は相手ではなく自分自身だ

どれだけ自分を律し、どれだけ辛抱して頑張れるか

僕は指導者という立場ではないですが、選手の中ではベテラン層に入ります。ベテラン選手は、自分の背中でチーム全体を引っ張っていくことも大事だと思います

チームの流れが悪いときは、悪い流れに乗らないようにすることを必ず考えます

経験上思うのは、選手の気持ちというものは周囲に広がっていくんですよ。チーム内で 「必ず優勝する!」 という気持ちがブレないでいると、驚くようなチームプレーが生まれたりもする

あまりに先すぎる目標ではなく、目先の目標に重きを置いています

僕はプロでも、チームから課せられるメニュー以外は自己流で練習して目標を追いかけていました。「自分にはこのやり方があっているんだ」 と信じて

小手先の技術で身に付けたものは適用しない。大事なのは、誰も真似出来ない自分ならではの武器を磨くことだ

チームから決められたこと以外にどこまで努力するかは、やりすぎてもいけません

行き場の分からない不安って、当事者になってみないと分からないよ

ライバルを持つこと…。それは自分を駆り立てる為の強いモチベーションになる

工夫と努力があったから、強くなれた。自ら考え自発的に取り組むこと、考える組織を作ることが、どんな逆境も克服して行く

私は生まれ付いての強者ではない。“雑草”であると自認しているし、“雑草”であることにプライドも持っている

雑草がエリートを打ち負かして勝てば、喜びは何倍も大きいだろう。ただ、私の目的はライバルや相手を倒し、輝かしい成績を上げることではない。私が闘う最も手ごわい敵とは、弱さを持つ自分自身の心だったのだ

よりレベルの高い世界を知って衝撃を受けることは、自分の引き出しを増やすことになる。何故なら、自分に何が足りないかを気付かせてくれるからだ

“心の闘い”に、私は『負けてたまるか!』と闘志を燃やした。怪我で苦しみ、試合で打ち込まれても、そこで白旗を振る上原浩治には断じてなりたくない。何度踏み付けられても立ち上がるたくましさ、硬いコンクリートの隙間からでも葉を茂らせる生命力、そういう強さを身に付けたいと思った

結果が得られなくても、それは失敗ではない。人の評価や結果以上に大事なのは、自分がどれだけ納得出来るかだ。そうして掴んだ自信は、簡単には壊れない

本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいなと思います。えー・・・これまで自分に関わってくれた方々、みんなに感謝したいと思います。ありがとうございました

-偉人の名言
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「人間は何万年も、あした生きるために今日を生きてきた」手塚治虫

https://sayariyo.work 手塚 治虫は、日本の漫画家、アニメーター、アニメ監督。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画表現の開拓者的な存在として活躍した。 兵庫県宝塚市 …

「結局自分がやるか、やらないか」久保健英

久保 建英は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。プリメーラ・ディビシオン・ビジャレアルCF所属。日本代表。 生年月日: 2001年6月4日 名言 メッシ …

「自分とまずは向き合って、そこから始める」加瀬亮

https://sayariyo.work 加瀬 亮は、日本の俳優。神奈川県横浜市出身。アノレ所属を経て、2018年に個人事務所RYO KASE OFFICEを設立。身長174cm。 生年月日: 19 …

言葉と人生 Ralph Waldo Emerson

Ralph Waldo Emerson ラルフ・ワルド・エマーソン(1803年~1882年) 米国の思想家、哲学者、宗教家、作家、詩人。 1803年5月25日、マサチューセッツ州ボストンでに生まれる。 …

言葉と人生 Leonardo da Vinci

Leonardo da Vinci Leonardo da Vinci レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年~1519年) イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。史上最高の画家の一人とされ、また人類 …

Translate »