言葉と人生 Bob Dylan | 言葉と人生

偉人の名言

言葉と人生 Bob Dylan

Bob Dylan

Bob Dylan


ボブ・ディラン(1941年~)

米国のミュージシャン。

1941年5月24日、アメリカ中西部の北部にあるミネソタ州ダルースに生まれる。出生名はロバート・アレン・ジマーマン。後に本名もボブ・ディランに改名。

ボブ・ディランの祖父母は現在のウクライナやリトアニアからの移民で、両親はアシュケナジム(東欧系ユダヤ人)の一員であった。

ボブ・ディランは幼少時に家にあったピアノを独習。ラジオを聴き、レコード店に入り浸り、ギターやピアノを弾いて育つ。

高校時代はロカビリーの全盛期。ディランもエルヴィスプレスリーらにあこがれバンドを組む。

1959年、18歳のボブ・ディランは奨学金を得てミネソタ大学に入学。半年後には授業に出席しなくなり、ミネアポリスでフォーク・シンガーとしての活動を始める。この時にボブ・ディランと名乗る。

「ボブ」は自身のロバートの愛称ボビーから、「ディラン」はイギリスの詩人ディラン・トマス(1914~1953)にちなむ。

1961年、20歳のボブ・ディランは大学を中退。ニューヨークに移動し、グリニッジ・ヴィレッジ周辺のフォーク・ソングを聴かせるクラブやコーヒーハウスなどで弾き語りを始める。

やがてコロムビア・レコードにその才能を見出され、1962年3月にアルバム『ボブ・ディラン(Bob Dylan)』でレコードデビュー。

1963年5月、セカンド・アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン(The Freewheelin’ Bob Dylan)』をリリース。7月、ピーター・ポール&マリーがカバーした「風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)」がビルボード2位のヒットを記録。

1963年8月28日、キング牧師らによる人種差別撤廃を求めるワシントン大行進でボブ・ディランが演奏。公民権運動が高まりを見せていたアメリカにおいてディランは次第に「フォークの貴公子」として大きな支持を受け、時代の代弁者とみなされるようになっていった。

1964年1月、アルバム『時代は変る(The Times They Are a-Changin)』リリース。しかし、過激化する運動や世間が抱いている大げさな自分のイメージに違和感を持ち、次第にスタイルを変化させ、次のアルバム『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン(Another Side of Bob Dylan)』(1964年)では、プロテストソングと呼べる曲はなくなっている。

その後、ビートルズやローリング・ストーンズなどのイギリスのミュージシャンと交流。1965年頃のジョンレノンはボブ・ディランに傾倒し、作風から精神面、スタイルに至るまでディランに触発された。

一方、ディラン自身もこれらブリティッシュ・インヴェイジョンに刺激を受け、『追憶のハイウェイ61(Highway 61 Revisited)』などエレクトリック楽器を取り入れた作品を矢継ぎ早に発表。従来のフォーク・ソング愛好者、とくに反体制志向のプロテストソングを好むファンなどはこの変化を「フォークに対する裏切り」ととらえ、賛否両論を巻き起こした。

1962年のレコードデビュー以来半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきたボブ・ディラン。現在も「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍。

ボブ・ディランはグラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たした。

2012年にはアメリカの文民最高位の勲章である大統領自由勲章を受章。

2008年には「卓越した詩の力による作詞がポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に大きな影響与えた」としてピューリッツァー賞特別賞を受賞。

2016年、歌手としては初めてノーベル文学賞を受賞。

名言

Colleges are like old-age homes, except for the fact that more people die in colleges.

 
大学なんて老人ホームみたいなもんだ。ただ、大学で死んでしまう人のほうが多いけどね。

You do what you must do and you do it well.

 
やらなきゃいけないことをやるんだ。そうすればうまくいくさ。

Miles Davis has been booed. Hank Williams was booed. Stravinsky was booed. You’re nobody if you don’t get booed sometime.

 
マイルス・デイヴィスはブーイングを浴びた。ハンク・ウィリアムズはブーイングを浴びた。ストラヴィンスキーもブーイングを浴びた。君もたまにブーイングを浴びないと何者でもなくなる。

I ain’t looking for you to feel like me, see like me, or be like me.

 
君が僕と同じように感じたり、理解したり、君が僕のようになるなんて望んではいない。

Boy, go and follow your heart. And you’ll be fine at the end of the line.

 
あなたの心に従ってゆきなさい。そうすれば最後にはきっとうまくいく。

No one is free, even the birds are chained to the sky.

 
自由なものなど何もない。鳥さえも空につながれている。

A hero is someone who understands the responsibility that comes with his freedom.

 
ヒーローとは、自分の自由に伴う責任を理解している人のことだ。

I define nothing. Not beauty, not patriotism. I take each thing as it is, without prior rules about what it should be.

 
僕は何も定義しない。美も愛国心も。僕はそれぞれをありのままで受け止める。こうあるべきだという既存のルールを無視して。

He not busy being born is busy dying.

 
日々生まれ変わるのに忙しくない人は、日々死ぬのに忙しい。

You don’t need a weatherman to know which way the wind blows.

 
風向きを知るのに天気予報官はいらない。

The future to me is already a thing of the past.

 
僕にとって未来とは、既に過去のことなんだ。

Ah, but I was so much older then, I’m younger than that now.

 
あのころ自分はずいぶん年をとっていた。今はもっと若い。

All I really want to do is, baby, be friends with you.

 
僕が本当にしたいことは、君と友達になることなんだ。

You can’t be wise and in love at the same time.

 
恋をしながら賢くなんてなれやしない。

Behind every beautiful thing there’s been some kind of pain.

 
すべての美しいものの陰には、何らかの痛みがある。

A man is a success if he gets up in the morning and gets to bed at night, and in between he does what he wants to do.

 
朝起きて夜寝るまでの間に、自分が本当にしたいことをしていれば、その人は成功者だ。

All the truth in the world adds up to one big lie.

 
世の中のあらゆる真実が積み重なってひとつの大きなウソになる。

-偉人の名言
-,

関連記事

幸せになるヒントは、いつもあなたの心にあるのです デヴィ夫人

デヴィ・スカルノは、日本生まれでインドネシア国籍のタレント、YouTuber。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。本 …

言葉と人生 Leo Tolstoy

Leo Tolstoy レフ・トルストイ(1828年~1910年) ロシアの小説家、思想家。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並びロシアを代表する文豪。代表作は『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ …

「今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない。」ロベルト・バッジョ

ロベルト・バッジョは、イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァ県カルドーニョ出身のサッカー選手。バッジオ、バッジォと表記することも。 1993年度欧州年間最優秀選手、1993年度FIFA世界年間最優秀選手。 …

ダメだよ、何でも真実を探求したら。  マツコデラックス

https://sayariyo.work マツコ・デラックスは、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞 …

「ミスを恐れてはいけない」デル・ピエロ

アレッサンドロ・デル・ピエロは、イタリア・ヴェネト州トレヴィーゾ県コネリアーノ出身の元サッカー選手。元イタリア代表。ポジションはフォワード。 そのプレースタイルはしばしばピントゥリッキオに喩えられてい …

Translate »