国内, 本田宗一郎, 経営 | 言葉と人生

偉人の名言

言葉と人生 本田宗一郎

本田宗一郎

本田宗一郎

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 – 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者。

名言

私は若い社員に、相手の人の心を理解する人間になってくれと話す。それが哲学だ。

成功とはあなたの仕事のほんの1パーセントに当たるものだが、それは失敗と呼ばれる99パーセントのものがあって初めて生まれてくるものである。

失敗が人間を成長させると、私は考えている。失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。

伸びる時には必ず抵抗がある。

進歩とは反省の厳しさに正比例する。

人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。いるのは弱さに甘んじている人間と、強くなろうと努力している人間だけだ。

日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。

模倣、依頼、同調といった精神は、今ではどのような価値も生まないだけではなく、人々を根底から破壊する役割さえ果たしている。

もったいないようだけど、捨てることが、一番巧妙な方法だね。捨てることを惜しんでいるヤツは、いつまでたってもできないね。

会社の為に働くな。自分が犠牲になるつもりで勤めたり、物を作ったりする人間がいるはずない。だから、会社の為などと言わず、自分の為に働け。

人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。

創業当時、私が「世界的視野に立ってものを考えよう」と言ったら噴き出したヤツがいた。

苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。

思想さえしっかりしていれば技術開発そのものはそう難しいものではない。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそが技術を生む母体だ。

自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である。

我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。

間違った先見力は、人の考えを誤らせ、道を閉ざす原因となる。

私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である。

嫌いなことをムリしてやったって仕方がないだろう。私は不得手なことは一切やらず、得意なことだけをやるようにしている。

長というのは組織上の役割を示すためのものであって、決してその人物の偉さを表すものではない。

新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け。

友情は、人間感情の中で最も洗練された、そして純粋な美しいものの一つだと思う。友情を交わす友人のいることは、その人の人生にとって非常に大きなプラスである。

時間だけは神様が平等に与えて下さった。これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。

社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。その代わり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。

私は怒っても、その人間を憎むことはしない。偽りのない気持ちを相手にぶつけることが大切。

失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。

企業にもフシがある。儲かっている時はスムーズに伸びていくが、儲からん時がひとつのフシになる。このフシの時期が大切なのだ。私はフシのない企業は、どうも不安で見ていられないような気がする。

とかく他人にきびしく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。

技術の競争は、あくまでも技術をもってすべきである。

学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが、それを人間のために有効に使って初めて、すぐれた人間だということができるのだと思う。何よりも大切なのは人を愛する心ではないだろうか。

少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。幸福の芽は、そこから芽生え始める。

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が、成功しているのである。

創意工夫、独立独歩、これをつらぬくにはたゆまぬ努力がいるし、同時に、ひとりよがりに陥らぬための、しっかりした哲学が必要となる。

独創的な新製品をつくるヒントを得ようとしたら、市場調査の効力はゼロとなる。大衆の知恵は決して創意などもっていないのである。大衆は作家ではなく、批評家なのである。

需要がそこにあるのではない。我々が需要を作り出すのだ。

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。

竹にはフシがある。そのフシがあるからこそ、竹は雪にも負けない強さを持つのだ。

決断に必要なのは、誰でもうなずける科学的な根拠である。

私は自分と同じ性格の人間とは組まないという信念を持っていた。

人間というものは、面白いものであり、不思議なものであり、必要のない人間というのはいないのである。

飛行機は飛び立つときより着地が難しい。人生も同じだよ。

発明はすべて、苦しまぎれの智恵だ。アイデアは、苦しんでいる人のみに与えられている特典である。

悲しみも、喜びも、感動も、落胆も常に素直に味わう事が大事だ。

勇気というのは強いからとか、勇ましいから勇気があるというのではない。たとえ、自分にとってどんなに不利な結果になろうとも、自分が真実であり、妥当であると考えたことを認め、それに賛成することこそが勇気である。

-偉人の名言
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「誰よりも真面目に、たゆまぬ努力をし続ける」井上尚弥

井上 尚弥は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。二児の父親 …

言葉と人生 Nelson Mandela

Nelson Mandela ネルソン・マンデラ(1918年~2013年) 南アフリカ共和国の政治家、弁護士。ノーベル平和賞受賞者 1918年7月18日、現在の東ケープ州東部に位置するトランスカイの村 …

「自信を持つ、力強く歩き続けるためには努力を振り絞る」ルイス・スアレス

ルイス・アルベルト・スアレス・ディアスは、ウルグアイ・サルト出身のサッカー選手。ポジションはFW。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ウルグアイ代表。 エールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ …

「すごい役者になりたい」  山崎賢人

https://sayariyo.work 山﨑 賢人は、日本の俳優である。東京都出身。スターダストプロモーション所属。「山崎」と表記されることがあるが、正しくは「山﨑」である。 生年月日: 1994 …

言葉と人生 松岡修造

松岡修造 松岡修造 松岡修造(1967年~) 日本の元プロテニスプレーヤー、スポーツキャスター、タレント。 1967年11月6日、東宝の名誉会長の父と元宝塚歌劇団の母の次男として生まれる。 慶應中等部 …

Translate »